2021. 08. 13  
散歩コースに咲いているフヨウ、花期が長く10月頃まで楽しめます。
フヨウ

ピンク色の花、花弁基部に赤い斑紋がある。
フヨウ

変わった形の蕊、花糸基部が合着して筒状になり花柱を取り囲んでいます、柱頭は上向き、よく似たムクゲは横向きになります。
フヨウ

5裂した柱頭、花粉がついている、蕊の構造からして自分自身のじゃなく他の花でしょうね。
フヨウ

花柱上部に毛が生えている、丸いのは腺毛ではなく花粉、結構大きい。
フヨウ

花糸にも毛が生えているようです、先端が膨らんでいますがこれは花粉ではなく腺毛でしょうか。
フヨウ

斑紋部分にも毛が生えている、先端が膨らんでいるように見えるから腺毛のようです。
フヨウ

掌状に3-7浅裂する、ムクゲは卵状ひし形。
フヨウ

アオイ科フヨウ属

(8月10日撮影)
2021. 08. 13  
道端の割れ目に咲いていたヤナギバルイラソウ、植えられているのも見かけますがこのように逸出している方が多く見かけます。
ヤナギバルイラソウ

青紫色の花、大きさは殆どのサイトで5cmと書かれているがそんなに大きくはないよな、せいぜい3cm程度。
ヤナギバルイラソウ

花冠は5裂しますが下唇3裂、上唇2裂に見えないこともない。
ヤナギバルイラソウ

花の奥に僅かに蕊が顔を覗かせています。
ヤナギバルイラソウ

カットしてみました、雄しべより雌しべの方が長い。
ヤナギバルイラソウ

雄しべは2本かと思いましたが短いのも見えています、もう1本あるかもしれない。
ヤナギバルイラソウ

先端が曲がった柱頭、基部に小さな突起が見えているからひょっとして2裂した柱頭の片側が退化したのかもしれない。
ヤナギバルイラソウ

細長い萼筒と裂片、短い腺毛が生えているようです。
ヤナギバルイラソウ

キツネノマゴ科ルイラソウ属

(8月10日撮影)
2021. 08. 13  
家の近所でマルバツユクサを見つけました、ここは海岸側の舗装路、土なんて全く無く隙間程度しかありません。一緒にコバノセンダングサ(右上)、ツルナ(左下)が生えています。
マルバツユクサ

一つの苞から2つの花が咲いています、ツユクサでも見られますがマルバツユクサはこの方が普通だとか。
マルバツユクサ

やはり二つ並ぶと一層華やか。
マルバツユクサ

下の花、右側に雌しべが伸びています。
マルバツユクサ

上の花には雌しべが見当たりません、ツユクサには両性花と雄性花がありますがこちらは一つの株で両方に分けているんでしょうか。
マルバツユクサ

こちらも下の花には左側に雌しべが見えていますが上の花には見当たりません。
マルバツユクサ

これもやはり同様、下の花には雌しべが見えています。
マルバツユクサ

これも上の花、雌しべは見当たらない。写した限りではどれも下が両性花、上が雄花でした。ツユクサでもそうなのか確かめてみなくては。
マルバツユクサ

ツユクサ科ツユクサ属

(8月10日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

07月 | 2021年08月 | 09月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR