2021. 08. 23  
いつもの場所のツルマオ、ですが今年はちょっと違っていました。
ツルマオ

走出枝でしょうか、縦横に広がっています、今までこんな様子は見られませんでした。今まで直立した様子ばかり見ていたので何でツルと名がついているんだと思いましたがこれなら納得です。
ツルマオ

這った茎の葉腋辺りから茎を直立させています、今までも走出枝はあったんでしょうが1枚目で分かるように密集しすぎて下の方が見えませんでした。
ツルマオ

茎から根が出ています、葉腋から少し離れた場所から出ているようです、上向きの根もあります。でもここはセメント舗装、大丈夫かな。
ツルマオ

葉腋に雌花を咲かせる、花柱が2裂3裂しているように見えますが一つの子房に1本の花柱かもしれない。本来上の方に雄花序を咲かせるのですが相変わらず見当たりません。
ツルマオ

茎に毛が生えていますが葉腋下に多く上には少ないようです、葉柄にも毛。
ツルマオ

3行脈が目立つ葉、これはほんとに美しく観葉植物として使えそうだけどイラクサ科のイメージが悪いか。
ツルマオ

イラクサ科ツルマオ属

(8月11日撮影)
2021. 08. 23  
ある野草を探しに薄暗い林内に入っていきましたがそれは見つからなかったけどこちらを見つけました、イラクサ科なのは分かりますがこの仲間も区別が難しい。
ムカゴイラクサ

下を見るとムカゴが付いています、ムカゴイラクサでした、だからムカゴは好き(笑)、ムカゴをつける野草はいくつもありますが科(あるいは属)レベルで少数だから区別しやすくなります。
ムカゴイラクサ

雌雄異花でこれは雌花序、下に雄花序があるはずですが全く見当たりません、大きくなると1m近くになりますがこれは20cm程度、小さくて両方は付けられなかったのでしょうか、普通そういう場合雄花序をつけるんですけどね。
ムカゴイラクサ

イラクサ科らしい長い花柱を持った花
ムカゴイラクサ

先端が2裂しているのがありました、あの部分が柱頭になるんでしょうか。
ムカゴイラクサ

茎や葉、葉柄に棘があります、イラクサは刺された経験がありますがこちらは触っているけど刺されたことはありません。
ムカゴイラクサ

イラクサ科ムカゴイラクサ属

(8月11日撮影)
2021. 08. 23  
花らしくない花を咲かせるヤマノイモ、でもこの時期結構目立ちます。
ヤマノイモ

雌雄異株で他の仲間と同様雌株は花序が下垂します、子房も見えているので雌株だと分かります。
ヤマノイモ

花は殆ど開かない、内花被片と外花被片に別れています。
ヤマノイモ

内部に見えているのが柱頭のようで3裂しています、果実が3室なのと対応、中が撮れたのは初めてのような気がします。
ヤマノイモ

柱頭はそれぞれが2裂しているような、痕跡の雄しべもありそうです。
ヤマノイモ

雄花序は上に伸びる。
ヤマノイモ

こちらは子房がないので花軸に直接ついているように見えます。
ヤマノイモ

仲間のオニドコロと一緒に群生していました。
ヤマノイモ

どちらも雄花だけど花の様子がまるで違います、ヤマノイモ科の代表ですがむしろ花としてはヤマノイモの方が例外のような。
ヤマノイモ

葉は三角状披針形、オニドコロの葉は結構変異がありますがこちらはどれも同じような細長い葉です。
ヤマノイモ

葉は対生、オニドコロは互生、葉腋から花茎を伸ばしている、上下に伸びているのが茎ですが捻れがあります、茎の強度を高めているんでしょうか。
ヤマノイモ

ヤマノイモ科ヤマノイモ属

(8月11日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

07月 | 2021年08月 | 09月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR