2021. 08. 27  
台地上の草原でよく見かけるカワラナデシコ、河原という環境が身近にないので河原に多いかどうかはわかりませんが草原で咲くのも多いと思うしやはりカワラの名前は無いほうがいいかなと思う。別名ナデシコ、だけどこれだと”ナデシコ属”との言葉の違いがまた面倒そう。
カワラナデシコ

色は濃いのから薄いのまで色々あります。
カワラナデシコ

これは蕊が見当たらないなと思ったら奥の方に葯が見えていました、花が開いてから伸びてくるんでしょうか、それにしても毛が濃い、色の境目辺りの毛が長く外側は短い、白い部分は殆ど毛がなく何らかの役割があるんでしょうね。
カワラナデシコ

雄性先熟で最初は雄しべが出てきます、これは雌しべが伸び始めていて中間期。
カワラナデシコ

捻れたような雌しべが出てきた雌性期、周りの白いのは花糸で葯は落ちています。
カワラナデシコ

昆虫が入り込んでいました、奥の蜜まで到達するのは大変そう、長い花筒も昆虫の選別に役立っているんでしょうか。
カワラナデシコ

色合いの変わったがありました、高レは全部一株の花、上部で随分枝分かれしています。
カワラナデシコ

普通に色が薄いのとどこが違うかと聞かれても説明しがたいけど(^^;)
カワラナデシコ

花弁が4枚のように見えましたが右側で2枚が重なっているようです。普通2枚めのように各花弁は等方的に広がりますが時折このような変則的なのも見かけます。
カワラナデシコ

全般に色が薄いのではなく白い部分が斑のようになっているような、毛の色も薄いし花弁基部の白い部分も境界がハッキリしません、。
カワラナデシコ

ナデシコ科ナデシコ属

(8月19日撮影)
2021. 08. 27  
台地上で普通に見られるアキカラマツ、これで1.8m程の高さ、アキカラマツとしては最大クラスの高さです。
アキカラマツ

円錐花序だそうですが大分バラけているのであまり円錐といった感じはしません。
アキカラマツ

雄しべばかり目立つ花、キンポウゲ科なので花弁はなく萼片が4枚、これも開花してすぐに脱落します。
アキカラマツ

萼片は十字形、それよりずっと長い雄しべ
アキカラマツ

緑色の小さな子房、これは2つありますが3,4個のもあります、怪しげな黒い影。
アキカラマツ

萼片が落ちた花、これは子房が3つあります。
アキカラマツ

これはまだ雄しべが直立しているが葯が褐色になっている。
アキカラマツ

ほとんど雄しべが落ちた花、子房は4つ、花柱はなく子房の上に直接柱頭があります、2裂しているかな。
アキカラマツ

2-4回3出複葉、小葉は浅く裂ける。
アキカラマツ

キンポウゲ科カラマツソウ属

(8月19日撮影)
2021. 08. 27  
台地上では遊歩道沿いで割と見かけるミシマサイコ、でも全国的には少なく環境省、本県とも絶滅危惧Ⅱ類に指定されています。
ミシマサイコ

花自体は極小ですが多数の複散形花序をつけ花も黄色なので結構目立ちます。
ミシマサイコ

花の大きさは1.5mm程、セリ科らしい反り返った花弁、2裂した花盤が見られます。
ミシマサイコ

雄しべは本来なら5本なんでしょうが5本のは見たことはなくたいてい1本か2本です、打づらくしやすいのではなく初めからないのかな。
ミシマサイコ

これは3本、これでも多い方、花粉の粒々が見えています。
ミシマサイコ

花柱が伸びているかな、ちょっと背景が悪くハッキリしない。
ミシマサイコ

花盤から蜜が出ています。
ミシマサイコ

葉は線形で細長い。
ミシマサイコ

セリ科ミシマサイコ属

(8月19日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

07月 | 2021年08月 | 09月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR