2021. 08. 31  
普通に見られすぎて滅多に撮ることのないクズ、これでも秋の七草の一つですがその中でも一番嫌われているだろうな。花序も結構不気味な姿です。
クズ

赤い旗弁には筋状の斑紋があり基部には黄色い斑紋、花自体はそれ程悪くはないんですけどね。
クズ

一つの花の寿命は短いようで下の方は既に色が落ち始めています、竜骨弁が更に伸びてきているような。
クズ

竜骨弁と翼弁を取り除いてみると筒状になった雄しべが現れます。
クズ

雄しべの先端から僅かに突き出た雌しべ、雄しべは下部が合着していますが1本だけ仲間外れがいて花糸も合着していません、これは他のマメ科でも時折見かけるけど役割が違うんでしょうか。
クズ

花序の下の方はすっかり花が散っています。
クズ

花が多く咲いていた割には果実は少ない、受粉しなかった花は丸ごと落とすんでしょうね。
クズ

まだ花柱が残った未熟な果実、子房には随分毛が生えています、そう言えば果実はまだ撮ったことなかった。花が落ちた後の切口には2つの点が見えています、維管束なのかな。
クズ

大きな3小葉、雨が降る中での傘を指しながらの撮影でいいモデルが撮れなかった(^^;)
クズ

葉柄付け根に狭卵形の托葉がある、葉柄付け根の太くなっている部分を葉枕と言うそうです。
クズ

小葉にも線形の托葉がある。
クズ

長毛が随分生えている。
クズ

マメ科クズ属

(8月19日撮影)
2021. 08. 31  
この辺りに群生しているギンミズヒキ、そう言えばこの辺りでしか見たことはありません、画面下辺りのはドクダミ、花はすっかり終わってます。
ギンミズヒキ

黒斑がないのもあります、この辺りはシンミズヒキはないけどミズヒキは生えています、さすがに花をつけてない状態ではギンミズヒキかどうかはわからない。
ギンミズヒキ

長い茎を伸ばしています、30cmかそれ以上ありそう。
ギンミズヒキ

葉鞘に花をつけます。
ギンミズヒキ

ミズヒキの白花でギンミズヒキ、でも紅白があってこその水引、これでは水引じゃないな。
ギンミズヒキ

雄しべは5本ですが外側の4本はハッキリしているけど内側のは目立ちません、中央に2室の葯が見えているのが内側の雄しべ、そのすぐ上に見えているのが2裂した柱頭でしょうか。
ギンミズヒキ

葉鞘に2個花をつけているのもありました、開いているのと閉じているのとセットになっています、2個同時に開くことはないのでしょうか。
ギンミズヒキ

左側のは花柱が突き出ているけど萼の内側は茶色くなっていてもう果実になっているようです。
ギンミズヒキ

黒斑と毛のはる葉。
ギンミズヒキ

タデ科イヌタデ属

(8月19日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

07月 | 2021年08月 | 09月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR