2022. 02. 28  
林の中で木漏れ日にあたっていたギンリョウソウモドキ、花の頃からもう半年以上経っています。
ギンリョウソウモドキ(果実・種子)

ギンリョウソウもそうですがこちらも受粉に成功して果実にならないと倒れて見られなくなります。この辺りでもっと咲いていたけど見かけたのはこれだけでした、探したわけではないですが。
ギンリョウソウモドキ(果実・種子)

周りのは果皮でしょうか、中央に大きな柱頭が見えています。
ギンリョウソウモドキ(果実・種子)

裂けているのが果皮だとすると周りに黒っぽく薄く見えているのは花被片でしょうか。
ギンリョウソウモドキ(果実・種子)

カットしてみました、柱頭の下に子房がありその下に種子がこぼれています、だとすると周りのは外果皮で中のが内果皮でしょうか。
ギンリョウソウモドキ(果実・種子)

欲のある種子、翼を含めても1mm程度、毎度のことながらマクロだと焦点があっている範囲が極端に狭い。
ギンリョウソウモドキ(果実・種子)

ツツジ科ギンリョウソウモドキ属

(5月30日撮影)
2022. 02. 27  
やっとツクシが顔を出していた、ここはこの辺りでは一番早く咲く場所、2月末では遅い方でしょうか。この辺りに10株ほど出ていました。
ツクシ

頭が曲がっているけど胞子嚢は綺麗に開いている。
ツクシ

こちらは真っすぐ立っているけど胞子嚢はまだ開いてない。
ツクシ

頭だけ出しているのもありました。
ツクシ

これが一番格好良く、敢えて逆光で撮ってみました。
ツクシ

トクサ科トクサ属

(2月27日撮影)

#今日は暖かく野草の花もボチボチ咲いてきていました。とりあえずツクシだけアップ。
 昨年ネタを3月6日まで予約投稿しているので野草の花はその後から順次アップしていきます。
2022. 02. 27  
赤い果実をつけていたコショウノキ、もう緑の葉っぱばかりの中で赤い色が目立ちました。
コショウノキ(果実)

長さ1cm程、やや細長い形、真っ赤じゃなくオレンジがかっています。
コショウノキ(果実)

カットしてみました、ジュウシーで果肉も赤く美味しそう、試食してなかったから今度してみなくては。
コショウノキ(果実)

これは種子ではなく核果、長さ5,6mm、模様も凸凹もなくあまり面白みがない。
コショウノキ(果実)
ジンチョウゲ科ジンチョウゲ属

おまけ、不思議な輪っかを描いていたウラジロ
ウラジロ

先端が指切りしています、元の方は随分離れているのになんで先端が曲がってきたのか。
ウラジロ

(6月2日撮影)
2022. 02. 26  
綿毛をつけ始めていたサワギク、花序中央の花が真っ先に咲くので綿毛になっていますが周辺部は遅れて咲くのでまだ舌状花が残っています。
サワギク(果実)

こちらは周辺のも綿毛になりはじめています、別名ボロギクはこのような状態のを言うんでしょうか、綿毛は白くてきれいなんですけどね。
サワギク(果実)

タンポポのようなきれいな球状にはならないようです。
サワギク(果実)

こちらは花柱がまだ残っています。
サワギク(果実)

これは真っ先に咲いた中央の花、果実は飛んでいき花床だけが残っています。
サワギク(果実)

これは舌状花や筒状花がまだ残っていますが冠毛が伸び始めています。
サワギク(果実)

蜘蛛の巣に引っかかった冠毛
サワギク(果実)

痩果の長さは2mm弱、縦溝が走っています、痩果に比べて冠毛が随分長い。
サワギク(果実)

もう花は終わっているだろうにアリが来ていました、まだ蜜が残っていたんでしょうか。
サワギク(果実)
キク科サワギク属

おまけ、同じ場所に生えていたクモキリソウ、こちらも未熟な果実になっています。後日来てみたら見られなくなっていた、熟したのを見たかった。
クモキリソウ(果実)
ラン科クモキリソウ属

(6月26日撮影)
2022. 02. 25  
冬枯れの今日の秋吉台、明日は山焼き、これがすっかり黒くなります、山焼きがすむと秋吉台の春の始まり。
秋吉台
秋吉台

(2月25日撮影)
2022. 02. 25  
すっかり果実になっているマンネングサの仲間、果実と言うよりもう枯れているとしか思えません。
メキシコマンネングサ(果実・種子)

まだ花が咲いていました、メキシコマンネングサのようです。
メキシコマンネングサ(果実・種子)

5心皮からなるので果実も星型をしています。
メキシコマンネングサ(果実・種子)

殆ど空でしたが左側ので種子が見えています。
メキシコマンネングサ(果実・種子)

果実はもうカラカラで簡単に潰れ種子が出てきます、細長い形、長さ1mm弱
メキシコマンネングサ(果実・種子)

表面に細かな突起があるそうですがそう言えばあるかなと分かる程度、次は日の当たる場所で撮ってみなくては。
メキシコマンネングサ(果実・種子)

ベンケイソウ科マンネングサ属

(7月4日撮影)
2022. 02. 24  
すっかり枯れていますがまだ直立しているネジバナ
ネジバナ(果実・種子)

すっかり枯れた花被片も残っている、基部に残っているのは苞のようです、果実はラン科らしく縦に裂けています。
ネジバナ(果実・種子)

果実は2重になっているような、外果皮内果皮があるんでしょうか。
ネジバナ(果実・種子)

手の上にばら撒いていました、ラン科なので種子が極小なのは承知済み。
ネジバナ(果実・種子)

細長い種子なのはなんとかわかります、大きさ0.2mm程、白いのは何でしょう、未熟な種子かと思いましたが
ネジバナ(果実・種子)

どうやら翼のようで中央やその左上で種子に翼が付いているのがわかります、これもラン科の種子に見られる特徴、でもバラバラ担っているのも多く外れやすいんでしょうか。
ネジバナ(果実・種子)

ラン科ネジバナ属

(7月4日撮影)
2022. 02. 23  
花を咲かせている枝の葉とは大分違いますがこれはコミカンソウの芽生え、周りに花を咲かせているのもありました。
コミカンソウ(芽生え)

より小さいのを探します、これは第一第二本葉が出ていますが小さな楕円形のが小葉のようです。
コミカンソウ(芽生え)

小葉と第一本葉、違いがよくわかります。
コミカンソウ(芽生え)

小葉だけのもありました。
コミカンソウ(芽生え)

こうやって順番に小さいのを探していかないと小葉だけではまずわかりません。
コミカンソウ(芽生え)
コミカンソウ科コミカンソウ属

おまけの川霧、7月なので川の水の方が冷たいんでしょうね。
川霧

洞窟からも霧が吹き出てきていました。
川霧

(7月6日撮影)
2022. 02. 22  
果実をならせているニガキ、雌雄異株でこれは当然雌株
ニガキ(果実)

真ん丸な果実、まだ緑色を残していますが黒っぽくなっています、赤くはならないもよう、完熟したら種子(核果)を見ようと後日来てみたらすっかりなくなっていた、以前もありましたが落ちたのか鳥に食べられたのか。
ニガキ(果実)

柱頭は4,5裂するのでそれに対応して分果も4,5個、これは4個
ニガキ(果実)

こちらは5分果
ニガキ(果実)

これは3分果のように見えますがどちらも未成熟な果実が2個見えているので5分果だったようです。
ニガキ(果実)

これは4分果で2個が未成熟
ニガキ(果実)

5分果だが成熟したのは1個だけ、兄弟間でも競争は激しいのだ(笑)
ニガキ(果実)

これは2個ですが未成熟なのは見当たりません、初めから2分果だったのでしょうか。
ニガキ(果実)

ニガキ科ニガキ属

(7月14日撮影)
2022. 02. 22  
派手な模様をしていたので取り敢えず取ってみたカミキリムシ、ハナカミキリの仲間まではなんとかわかります。
オオヨツスジハナカミキリ

更に絞ってヨツスジハナカミキリの仲間、それでもまだ似たのが幾つもある、ヨツスジハナカミキリじゃなくてオオヨツスジハナカミキリでしょうか、模様にも変異があるようでそこを逃げ口にしておく(汗)
オオヨツスジハナカミキリ

カミキリムシ科

(7月14日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング
ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

01月 | 2022年02月 | 03月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR