2022. 05. 01  
古墳の上に生えていたチゴユリ、地元では殆ど見かけないのに古墳遠征の際時折見かけています。
チゴユリ

雨が降っている中、傘をさして撮影、花が下向きなのでカメラは上向き、雨の中での撮影は厳しい。
チゴユリ

雌しべは花柱も柱頭も白い、雄しべは6本、葯が割りと大きい。
チゴユリ

柱頭は3裂、葯は内向きに花粉を出しているようです。大分薄暗かったがその割に鮮明に撮れている、手ブレ防止機能が聞いているようです、前のデジカメだとブレブレだったかも。
チゴユリ

イヌサフラン科ホウチャクソウ属

(4月21日撮影)
2022. 05. 01  
これも墳丘側に咲いていたトキワイカリソウ、イカリソウは太平洋岸に分布するそうですが正直違いはよくわかりません。
トキワイカリソウ

ここは墳丘裾、奥の林の中にも古墳があります。
トキワイカリソウ

正しく錨、突き出ているのは距です。
トキワイカリソウ

蕊の周りに見えているのが花弁、雌しべは1本、柱頭に微突起がある、雄しべは4本、葯は鉤爪のよう。
トキワイカリソウ

こちらは雄しべがまだ開いていない、距の先端に蜜が溜まっています。
トキワイカリソウ

萼片の方が花弁のように見えます、8枚の内4枚は早落性です。
トキワイカリソウ

花被片が落ちて子房と雌しべが残っていました。
トキワイカリソウ

メギ科イカリソウ属

(4月21日撮影)
2022. 05. 01  
古墳巡りに行った序でに山の中や湿地で花を撮ってきました、暫くその花々をアップしていきます。
古墳墳丘の脇に咲いていたミヤマシキミ、雨が降り始めた中での撮影。。
ミヤマシキミ

茎が直立しているのでミヤマシキミと判断。
ミヤマシキミ

雌雄異株でこれは雄株、雄株の方が花が密集しています。
ミヤマシキミ

白い花弁が4枚、4本の雄しべは花弁の間に伸びています、雄花ですが緑色の子房が見えています、果実はなりません。
ミヤマシキミ

こちらは雌株、雄株に比べて花の数が少なく疎らです。
ミヤマシキミ

雌花ですが雄しべがあります、雄花のと比べて小さく貧弱です、柱頭が4裂しています。
ミヤマシキミ

子房から短い柱頭が伸びる、花柄は雄花のよりは太い。
ミヤマシキミ

ミカン科ミヤマシキミ属

(4月21日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング
ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

04月 | 2022年05月 | 06月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR