2022. 05. 02  
この湿地の中で一番多く咲いていたミツガシワ、名前だけは知っていましたが嬉しい出会いでした。
ミツガシワ

茎の先端に総状に花序を付け下から咲き始める、まだ咲き初めのようで下の方に咲いているのばかりでした。
ミツガシワ

北方系の植物で日本では本州中部以北に分布だが西日本でも所々にあり氷期の遺物だと言われています。
ミツガシワ

花弁は5枚で毛が多数生える、長花柱花と短花柱花がありこれは長花柱花
ミツガシワ

雌しべは花冠から突き出ている。
ミツガシワ

緑色の柱頭、2裂でしょうか。
ミツガシワ

これは初め雄しべしか見当たらず雄花があるのかなと思いましたが
ミツガシワ

よく見ると奥の方に緑色の雌しべがありました、短花柱花です。
ミツガシワ

これも奥の方に雌しべが隠れている、結実するのは長花柱花だけだそうです。
ミツガシワ

これは短とも長とも言えない、雄しべよりやや長い程度
ミツガシワ

これはほぼ同長、ミソハギのように中花柱花というのもあるんでしょうか。
ミツガシワ

柱頭には細かな特記がある、花弁の毛はどんな役割があるんでしょうか。
ミツガシワ

普通は5弁ですが7弁のがありました、花弁が少しホッソリしているか。
ミツガシワ

左は7弁、右は6弁
ミツガシワ

左右どちらも6弁、見た限りでは花弁の多いのはどれも短花柱花でした。
ミツガシワ

3小葉の葉、家紋の三つ柏に似ているからこの名が付いたようです、でも漢字は三槲。
ミツガシワ

カメラが何台か設置されていました、送粉昆虫を調べているそうです。
ミツガシワ

ミツガシワ科ミツガシワ属

(4月22日撮影)
2022. 05. 02  
10年ぶりに見かけたネコノメソウ、一度見た記憶はありましたが過去記事を検索してみると4度見ていました(汗)、でもみな県外。
ネコノメソウ

大群生していた場所もありました、水浸しの場所です。
ネコノメソウ

走出枝を出して増えるそうで走出枝かどうかわかりませんが茎基部は横に伸びています、ヤマネコノメソウは出さない。
ネコノメソウ

一番の違いは対生する葉で無毛、ヤマの方は互生で毛が多い。
ネコノメソウ

前日の雨が残り木漏れ日が当たっていい雰囲気でした。
ネコノメソウ

黄色いのは萼片で周りのは苞です。
ネコノメソウ

花の中に4本の雄しべ、柱頭が何とか見えています。
ネコノメソウ

こちらは雄しべの間に突起のような雌しべ、その右側にも見えていて2本あります。
ネコノメソウ

おまけ、近くの田んぼの土手に群生していたヤマネコノメソウ
ヤマネコノメソウ

花はすっかり終わり果実になっていました、咲く時期や場所でネコノメソウと棲み分けているんでしょうか。
ヤマネコノメソウ

ユキノシタ科ネコノメソウ属

(4月22日撮影)
2022. 05. 02  
古墳巡りの際は事前に地図で場所を確認しますがこの湿地も某古墳の近くで見つけました、しかも駐車場付き、これは行かなくちゃで行ってきました。暫くこの湿原が続きます。
まずはリュウキンカ、大抵の湿地で見られます、この後行った別の湿地でも見かけました、と言うかそれしか咲いてなかった。
リュウキンカ

水が流れるような場所に生えています、4月下旬とは言えまだ水が冷たいんでしょうね、湿地内で咲いていた花は少なかった。
リュウキンカ

まだ雄しべはあまり開いていません、水滴は多分朝露ではなく前日の雨。
リュウキンカ

リュウキンカは大抵の湿地で見られ数も多いのでイマイチ力が入らず(汗)。
リュウキンカ

葉は円心形で浅い鋸歯がある、心形の隙間から小さな葉が見えていますがこれはリュウキンカの葉のようです。
リュウキンカ

キンポウゲ科リュウキンカ属

(4月22日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング
ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

04月 | 2022年05月 | 06月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR