2022. 05. 03  
この辺りにたくさん咲いていたトキワイカリソウ、中国山地で古墳巡りをしていると割りとよく見かけます、地元では見かけないから少しおすそ分けしてくれいないかな(笑)
トキワイカリソウ

トキワと名がつくくらいだから常緑なんだろうけど若々しい葉ばかり
トキワイカリソウ

白っぽい花もありました、その下に見えている葉が前年の葉のようで年を越した常葉でしょうか。
トキワイカリソウ

木漏れ日が当たっていい雰囲気、下向きに咲くのでスマホではこのアングルは厳しいかも。
トキワイカリソウ

長い距の先端に蜜、蜜を吸えるのは蝶か蛾くらいでしょうがまだあまり飛んでないよな。
トキワイカリソウ

透明感があるから蜜の存在がわかります、その内ここを齧る昆虫が出てくるかも。
トキワイカリソウ

下向きに咲くので花の構造がわかりにくいので180度回転してみました、右が花弁、そこから距が伸びその下に萼があると基本的な構造がわかります。
トキワイカリソウ

開き始めた花、距はまだ水平に伸びていません。
トキワイカリソウ

こちらの方が錨らしい、今ならクレーンゲーム。
トキワイカリソウ

この葉には角のような突起がありました。
トキワイカリソウ

メギ科イカリソウ属

(4月22日撮影)
2022. 05. 03  
シハイスミレは少なく見かけたのはこれだけ、ちょうど木漏れ日が当たっていたので撮影。
シハイスミレ

やはり赤っぽい色が目立ちます、葉に艶があるけど右の葉には毛が生えているような。
シハイスミレ

花弁だけでなく距も花茎も同系の赤紫色。
シハイスミレ

側弁は無毛、柱頭は扁平。
シハイスミレ

葉の裏も赤紫色、これは濃淡の違いが結構あります。
シハイスミレ

無茎種、この様子を撮ったのは初めてかな。
シハイスミレ

スミレ科スミレ属

(4月22日撮影)
2022. 05. 03  
駐車場から湿地までの林の中に一番多く咲いていたオオタチツボスミレ
オオタチツボスミレ

葉は円く先端がやや尖る、花もタチツボスミレより大きめでこれも雰囲気でなんとなくオオタチツボスミレだとわかります。
オオタチツボスミレ

葉が殆ど円いのもありました。
オオタチツボスミレ

距が白いのが特徴、ほんと真っ白。
オオタチツボスミレ

距が齧られているのもありました、この直前クマバチがいたのでその子が犯人かなと。実はかじる様子を撮ろうと思ったのがこれを撮るきっかけ、犯人には逃げられたけど。
オオタチツボスミレ

側弁は無毛、柱頭は棒状、奥の方に見えているのが花糸でしょうか。
オオタチツボスミレ

托葉は櫛歯状、この裂け方も種によって微妙に違いがあるとか、これはタチツボスミレに比べて幅が広く切れ込みが浅いとか。
オオタチツボスミレ

スミレ科スミレ属

(4月22日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング
ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

04月 | 2022年05月 | 06月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR