2022. 05. 09  
まだまだありますが他の場所のも残っているのでその他大勢はまとめて紹介。
イチリンソウは多く咲いていた。
イチリンソウ

歓迎のポーズ
イチリンソウ

大群生していたニリンソウ、写真だとそう見えますがそれ程広い場所ではありません。
ニリンソウ

イチリンソウは雨でも開いていたがニリンソウは閉じているのが多かった、開いているのを探して撮影。
ニリンソウ

これも多く咲いていたコンロンソウ
コンロンソウ

川縁にも多く咲いていて絵になります。
コンロンソウ

涼しいと言う意味ではないけどスズシロソウ、白い花に雨粒がかかっていると涼しげに見えます。
スズシロソウ

ヤマブキソウも多く咲いていましたがやはり雨のせいかあまり開いてなかった。
ヤマブキソウ

これは花弁に随分隙間があります。
ヤマブキソウ

去年は見かけなかったコクサギ、これは雄株で雌株は見つからず。
コクサギ

こういう場所に生えているとテンナンショウ属も何か特別なものに見えます、これは黒っぽいので撮ってみましたが普通にマムシグサのようです。
マムシグサ

(4月24日撮影)
2022. 05. 09  
今回はあちこちでキケマン属の花を見かけました、ここでも咲いていました。
フウロケマン

この仲間はどれも似ていて花だけでは区別がつきません、これは一応フウロケマンかな。
フウロケマン

変種のミヤマキケマンに比べて花の数が少ないとか、これは少ないけど前のは多い、
フウロケマン

距は強く曲がる傾向があるそうだ、あくまでも傾向。
フウロケマン

苞には欠刻がある、この仲間は苞が大事な区別点かと思っていましたがあまり書いているサイトはなかった。
フウロケマン

これもはっきりした欠刻、右の鼻には小さな痕跡状の萼が見えています。
フウロケマン

一応正面も撮っておこ。
フウロケマン

1-2回羽状複葉、左と右の葉は同じ種だと思いますが大分感じが違います。一応フウロケマンとしておきますが自信無し。
フウロケマン

ケシ科キケマン属

(4月24日撮影)
2022. 05. 09  
普通のヤマルリソウに混じって白い花が咲いていました。
ヤマルリソウ(白花)

ヤマルリソウの白花
ヤマルリソウ(白花)

完全な白花ではなく青い色が斑に残っています。
ヤマルリソウ(白花)

花弁に縦筋に残っています。
ヤマルリソウ(白花)

これは半分青い、ただ青い部分も色が薄い。
ヤマルリソウ(白花)

下のが本来の色、赤い色のも見かけます、咲き始めが赤く後から青くなると書いているサイトと株によって異なると書いているサイトもあります、どっちでしょう。
ヤマルリソウ

ムラサキ科ルリソウ属

(4月24日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング
ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

04月 | 2022年05月 | 06月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR