2022. 05. 13  
サツマイナモリはほぼ全コースで見られるので焦ることなく多くの花を咲かせている場所で撮ります、それでも去年よりは少なかったような。
サツマイナモリ

長花柱花と短花柱花がありこれは赤い柱頭が見えている長花柱花
サツマイナモリ

白い花弁に赤い花柱が何とも艶めかしい、白飛びが嫌なので感度200で撮りましたがちょっとぶれてるな、日が当たってない場所では400くらいで取った方がよさそう。
サツマイナモリ

こちらは黒い葯が見えている短花柱花
サツマイナモリ

どちらも長花柱花、同じ株から咲く花は当然どちらかなんでしょうが
サツマイナモリ

これは左と上は長花柱花ですが右は雄しべも雌しべも見えていない、緑色のはどうも幼虫のようで蕊を食べられたかな。
サツマイナモリ

これは右は長花柱花ですが左は花の奥に柱頭が見えているので短花柱花か、それにしては雄しべが見えていない、右の花は4弁。
サツマイナモリ

アカネ科サツマイナモリ属

(4月25日撮影)
2022. 05. 13  
歩き始めてそうそうに見つかったギンリョウソウ、でもこの後はあまり見かけなかった。
ギンリョウソウ

枯れ草の中からニョキリ、APG分類は驚かされることも多いですがこれもそう、これがツツジ科なんてどこにツツジとの共通点が有るんだ。
ギンリョウソウ

大きい子が手前の小さい子に囁きかけているようにも見えます、あくまでも人間の感覚だけど。
ギンリョウソウ

ちょっとそばかすが入った色白美人、色白というよりもう真っ白、鱗片がウサギの耳のようです。
ギンリョウソウ

ちょっと内側を拝見、中央の灰色のが柱頭、周りの黄色いのが葯、その外側の棒状のが花糸
ギンリョウソウ

左のはまだ開いていない蕾、既に地中にある頃からこの状態のようです。
ギンリョウソウ

側にもう一塊
ギンリョウソウ

これは花の内部がすこしピンクがかっています。
ギンリョウソウ

ツツジ科ギンリョウソウ属

(4月25日撮影)
2022. 05. 13  
割と多く見かけたチャルメルソウ、峡谷だから全体に湿っぽいですがその中でも更に湿っぽい場所に生えています。
チャルメルソウ

苔むした岩からもニョキリ
チャルメルソウ

魚の骨のように見える赤いのが花弁、3-5裂駿河コチャルメルソウは7-9裂、さすがに日が当たってないとブレるな。
チャルメルソウ

花弁の間の三角形の突起が萼片、こちらは直立するがコチャルメルソウは平開する。
チャルメルソウ

雌しべは2本で柱頭が2裂なので4個有るように見えます、左の花で蜜が出ているような。
チャルメルソウ

これは蕾かと思ったが花後で果実期のようです、中の円い粒々が種子、萼に赤い腺毛が生えている。
チャルメルソウ

ユキノシタ科チャルメルソウ属

(4月25日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング
ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

04月 | 2022年05月 | 06月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR