2022. 05. 17  
他の花を撮るために近寄ったら側に咲いていたフナバラソウ、秋吉台でもあまり見かけないからラッキー。
フナバラソウ

この辺りに何株か集中的に生えていました、福岡県の絶滅危惧Ⅱ類に指定されているそうでますますラッキー。
フナバラソウ

クズに絡まれています、枯れることはないだろうけど成長力が落ちることはあるのかな。
フナバラソウ

チョコレート色の花、内部が濡れているようにみえるけど蜜が出ているんでしょうか。
フナバラソウ

白いのは蕊柱、周りの爪のようなのは副花冠
フナバラソウ

アリが来ているのでやはり蜜が出ているようです、私にとってはお邪魔虫。
フナバラソウ

花冠表側は無毛ですが裏側や萼片、花柄には毛が密生しています、ここにもクズ。
フナバラソウ

楕円形~卵形の葉、これはまだ若い葉
フナバラソウ

葉の裏は葉脈が浮き出て特徴的です、葉脈上にも毛が密生している。
フナバラソウ

キョウチクトウ科カモメヅル属

(5月10日撮影)
2022. 05. 17  
今回のコースで最初に出会ったヒレアザミ、秋吉台では一ヶ所だけ、他でも数回出会っただけなのに最初の場所でいきなり出会うとわね。
ヒレアザミ

この辺りにたくさん咲いていました、今まで見てきた全てより多かったかも(笑)、ただ車が通るような道端ばかり、台地上の山道沿いでは全く見かけませんでした。
ヒレアザミ

花より団子ならぬ花より棘、やはりヒレアザミはこれを撮らなくちゃ、触っても柔らかくちっとも痛くなかった、見掛け倒しだった、秋吉台で触った時はもう少し痛かったと思ったけど。
ヒレアザミ

葉にも棘、これも痛くはなかった。
ヒレアザミ

花はノアザミと変わりなく。
ヒレアザミ

花粉がたっぷり出てきています、昆虫が訪問するとその刺激で出てくる、花粉を無駄にしない作戦。
ヒレアザミ

キク科ヒレアザミ属

(5月10日撮影)
2022. 05. 17  
2回目の平尾台に行ってきました、今日の目的は貫山、これは実際は下り始めてから振り返って撮影、登りの時は右側の林の中を通っていきました。
貫山

頂上手前のゆるい坂、この手前で急傾斜の坂道なのでこの辺りまで来るとホッとします。
貫山

平尾台の最高峰、標高711.6m、実際に一番高い場所は標柱の少し背後です。
貫山

頂上から豊前方面、北九州空港が見えています。
貫山

ここに某古墳群がある、右側の白い部分は石灰岩採掘所、この辺りに幾つかあります。
貫山

北側下関方面、龍王山は多分、長州出島の手前の平坦な部分は彦島西部、私の産まれ故郷です。
貫山

この日のもう一つも目的広谷湿原、でも見事に何も咲いてなかった。
広谷湿原

貫山から下っていった尾根上から。
広谷湿原

谷は出口がなく最後は小さな滝となってドリーネに吸い込まれていきます、不動滝、ここも終わった花ばかりだった。
不動滝

(5月10日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング
ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

04月 | 2022年05月 | 06月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR