2022. 05. 19  
小さな湿地に咲いていたホウチャクソウ、ここは低い土手があるので多分小さなため池が作られていたようです、どんな花が咲いてくれるのかちょっと楽しみ。
ホウチャクソウ

花はナルコユリ等と似ていると言えば似ているけど間違えるレベルでもない。
ホウチャクソウ

花冠先端から雌しべが顔を覗かせています。
ホウチャクソウ

柱頭は3裂、雄しべは6本。
ホウチャクソウ

お誂え向きに花被片が取れて断面が見えているのがありました、長い雌しべとそれより少し短い雄しべ、基部に緑色の子房も見えています。
ホウチャクソウ

柱頭は3裂、先端が曲がる、葯は内向き。
ホウチャクソウ

貫山山頂辺りにも咲いていました。
ホウチャクソウ

そろそろ終わりの頃か、花被片がバラバラになりはじめています。
ホウチャクソウ

この辺りの草原に多く咲いていました、湿地とはまるで違う乾いた環境、秋吉台でもそうでしたがまるで違う環境でも生えてくるようです。
ホウチャクソウ

イヌサフラン科ホウチャクソウ属

(5月10日撮影)
2022. 05. 19  
ナルコユリはアマドコロより少し花期が遅いのか咲いているのをなかなか見かけず終わり頃やっと見つけました、下から咲いていくので上の方はまだ蕾ですが下の方は萎れています、ただ萎れてもそのまま残っています。
ナルコユリ

前の写真で一見してアマドコロより花の数が多いのがわかりますがこの株は1葉腋あたりでは1-3個とそんなに多くない、茎は丸く稜がないのもわかります。
ナルコユリ

花柄付け根に緑色の突起がある、アマドコロにはない。
ナルコユリ

こちらも花冠は6裂、先端に毛が生えている。
ナルコユリ

はるで花の構造の模式図のよう、花被片は内と外に分かれ、雄しべは6本、やはり葯は内向きのようです、雌しべは雄しべより少し長いのでピントがあっていない。
ナルコユリ

キジカクシ科アマドコロ属

(5月10日撮影)
2022. 05. 19  
台地上を歩き始めて早々に見つけたアマドコロ
アマドコロ

ナルコユリに比べて花の数が少なく葉腋ごとに1-2個、ここのは全て1個だけでした。
アマドコロ

茎に稜がある、花柄付け根に緑色の突起が無いのもナルコユリとの違い、ただ稜は触れば分かるけど写真では撮影しづらい。
アマドコロ

花被片は合着し花冠が緑色で6枚に裂ける、先端に毛が生えている、
アマドコロ

花冠は内花被片と外花被片に分かれている。
アマドコロ

雄しべは6本、花柱と取り囲み葯は内向きのようです、雌しべは雄しべよりやや長いか花冠から出ることはない
アマドコロ

キジカクシ科アマドコロ属

(5月10日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング
ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

04月 | 2022年05月 | 06月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR