2022. 07. 07  
割りと見かけるノグルミ、時には30mもの高木になるそうですが背の低いのでもしっかり花を咲かせています。
ノグルミ

雌雄同株異花、中央に雌花序がありその周りを雄花序が取り囲んでいます。
ノグルミ

雌花序には柄がありませんが雄花序には長い柄がある、雌花序の先端からも雄花序が出ている。
ノグルミ

雄花序と雌花序の境目、下側白く見えているのが柱頭、上の雄花序には葯が見えている。
ノグルミ

葯があると雄しべらしく見える、まだ熟してないようです、周りの突起のようなのは苞
ノグルミ

雄花序だけのもあるんでしょうか、これは右側に雄花序の柄が見えているから少し離れてついているようです。
ノグルミ

雌花序だけのもあるんでしょうか。
ノグルミ

柱頭が茶色くなっているので既に雄花序は脱落しているのかもしれない。
ノグルミ

これも苞、果実季もほぼこのまま。
ノグルミ

ここで観察する限り、雄花序のある雌花序は細長いが左の雌花序だけのは太いようでした、ただこれも果実として太ってきているのかもしれません。
ノグルミ

奇数羽状複葉、小葉には尖った鋸歯がある。
ノグルミ

クルミ科ノグルミ属

(6月28日撮影)
2022. 07. 07  
数多く見かけるコマツナギ、なのでなるべく条件のいいのをと思っている内にいつの間にか見かけなくなっていたので慌てて撮影。
コマツナギ

草本ではなくこれでも木本、でも背の高くなるコマツナギと背の低いトウコマツナギとは区別できるんでしょうか、同一種という説もあるようです。
コマツナギ

花序は全方向に偏らず咲く、偶々写っていたのでアップ
コマツナギ

竜骨弁が開いているのがありました、マメ科の竜骨弁でこんなに開いているのを見るのはあまりないかも。
コマツナギ

旗弁や翼弁の縁に毛が生えています。
コマツナギ

こちらも随分開いている、筒状の雄しべの右側に細く見えているのが雌しべでしょうか。
コマツナギ

こちらは竜骨弁と翼弁が落ちている、過去記事を見ても結構そのようなのを見かけました、葯の間に雌しべ先端が見えています。
コマツナギ

奇数羽状複葉、小葉は長楕円形で頂小葉と側小葉に特に大きさの違いはない。
コマツナギ

茎に伏毛、葉腋に針のような托葉がある。
コマツナギ

マメ科コマツナギ属

(6月28日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

06月 | 2022年07月 | 08月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR