2022. 07. 10  
真っ赤に熟したナワシロイチゴ、冬ネタにしようかとも思いましたがやはり果実はその時期にアップしないとそれこそ季節外れになってしまいます。
ナワシロイチゴ果実

花柱が毛のように残っている、果実表面にも毛が生えているようだ、美味しく頂いて種子だけ残して撮影(さすがに種子は冬ネタ)、その辺にばらまいて繁殖に協力(笑)
ナワシロイチゴ果実

一粒しかなっていないのもありました、食べられたのではなく初めから一粒しかならなかったようです。
ナワシロイチゴ果実

こちらはタブノキ、花はすっかり終わっていますが花後が真っ赤であまりにも綺麗だったので思わず撮影。
タブノキ花柄

日が当たって逆光気味に撮ってます、蜘蛛の巣も輝いている。
タブノキ花柄

日が当たると鮮やかさが増すのですがレンズにも当たるのでコントラストが落ちてしまう。
タブノキ花柄

これは日が当たってない時のもの、コントラストを上げてみました、やはり日が当たっている方が赤が鮮やかかな。
タブノキ花柄

(6月28日撮影)
2022. 07. 10  
イヌタデ属の花が目に入る用になってきたので撮ってみました、これは初めはオオイヌタデかなと思っていたのですが
サナエタデ

花序が直立しています、サナエタデか、だとしたらお初。
サナエタデ

披針形の葉、黒斑がありますがこれはあまり目立っていません。
サナエタデ

筒状の托葉鞘、縁毛がない、ハルタデは短い縁毛がある。
サナエタデ

節はあまり膨れない。
サナエタデ

葉の裏は薄い白毛が生えるのから密に生えるのまで様々だそうでこれh薄いかな、縁毛も見えている。
サナエタデ

花はどれを撮っても同じですがつい撮ってしまう、周りの大きいのは果実で白く見えているのが蕾でしょうか。
サナエタデ

柱頭は2岐、雄しべは外側は5本、内側は不定でこれは2本見えている。
サナエタデ

別の山道で咲いていたもの、葉に黒斑があるのでてっきりハルタデかなと思ったのですが
サナエタデ

これも花序が垂れ下がらずサナエタデかも知れない、今までこの時期黒斑があるのはたいていハルタデとしていたけど中にはサナエタデが混じっていたかもしれない、ハルタでは茎に長毛や腺毛が疎らに生えることがあるそうだ。
サナエタデ

タデ科イヌタデ属

(6月28日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

06月 | 2022年07月 | 08月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR