2022. 07. 15  
他の花を探していて見つけたノササゲ、花は久しぶりに見ました。
ノササゲ

蕾らしい蕾をつけていたのはこれだけ、その中でも開いた花は2つだけ、葉は割と見かけますが花をつけないことも多いような気がします。
ノササゲ

緑色の萼筒とほぼ同長の花筒、全体の長さは2cm程
ノササゲ

旗弁翼弁竜骨弁とハッキリしています、程よい色の淡黄色
ノササゲ

花序は下から咲いていく、花筒がだんだん伸びていく様子がわかります、左の茶色いのは蛾の幼虫のようだ、スズメガ科かな。
ノササゲ

三角状長卵形の3小葉、葉は大きいし特徴的なので葉だけでも識別しやすい。
ノササゲ

葉柄付け根に托葉、向きからして右下が茎の先端方向のようです。
ノササゲ
マメ科ノササゲ属

おまけ、こちらが本来の目的のキジョラン、まだ小さな蕾でした。
キジョラン蕾

(7月2日撮影)
2022. 07. 15  
藪の奥に葉を広げたツル植物、この時点でツヅラフジだとわかります、アオツヅラフジだとパスですがツヅラフジなら藪を突入、かと言ってそれ程珍しいわけでもありませんが。
ツヅラフジ

葉も花序もツヅラフジより大きいので区別しやすい、葉柄も長い。
ツヅラフジ

花はそれ程密ではないですが円錐花序
ツヅラフジ

雌雄異株でこれは雄花、花弁のように見えているのは萼片で幅の広い外萼片と狭い内萼片に分かれています、花弁もありますが極小のようです。
ツヅラフジ

花の奥に淡緑色に見えているのが蜜腺
ツヅラフジ

雄しべは9本、外側の6本と内側の3本に分かれている。
ツヅラフジ

葉はやや革質で広卵形、切れ込みのないのから5-7裂するものなど変化が大きい。
ツヅラフジ
ツヅラフジ科ツヅラフジ属

おまけ、巨石を抱え込んだ大木の根っこ、石は多分自然石じゃなく石垣に使われたもののようです。
根っこ巨石

(7月2日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

06月 | 2022年07月 | 08月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR