2023. 04. 08  
この辺りに大群生しているオドリコソウ、すっかり花盛り状態。
オドリコソウ

ここは白から色の濃いのや中間色まで色んなのがあります、これは割りと色が濃かったので撮ってみました。
オドリコソウ

花序は下から咲き上がっていくので一番上はまだつぼみ、一つの花序の中でも多少遅速があるようです。
オドリコソウ

上からより下から見上げるように撮るのが定番スタイル
オドリコソウ

4つの葯や尖った柱頭がもう顔にしか見えません、上唇外側は毛だらけ。
オドリコソウ

これもスマホで撮ってみました。
オドリコソウ

横から。
オドリコソウ

下から。同じ場所で以前にも撮ってますが腕が上がっている・・・よりは慣れてきたんだろうな。
オドリコソウ

花序の位置がある程度の高さがあるので下から見上げるように撮るのも何とかできます、人が見ていたら何やってんだろと思われるかもしれないが。
オドリコソウ

今までで一番よく取れたような気がする、なので枚数が多い(笑)、ここは周りに樹木があるのであまり風が吹かなかったのもよかったかもしれない。
オドリコソウ

蕊ドアップもバッチリ、因みにマクロレンズは使ってなく望遠で撮影。
オドリコソウ

拡大しすぎると粗が目立ちますが下唇の斑紋もよく撮れています。
オドリコソウ

左右4本が花糸で中央が花柱、花柱が意外と細い。
オドリコソウ

シソ科オドリコソウ属

(3月29日撮影)
2023. 04. 08  
普通のカラスノエンドウに混じって白花が咲いていた、一株二株じゃなく幾つもあった、かといってまとまって生えているわけでもなくカラスノエンドウの群生の中にポツポツと混じっていた。
シロバナカラスノエンドウ

気まぐれでここまで足を伸ばして大正解でした。
シロバナカラスノエンドウ

撮っている時は真っ白と思っていたけど僅かにピンク色が残っています、この程度なら問題なく白花。
シロバナカラスノエンドウ

見ちゃ嫌と頬を染めた恥じらいのポーズ(違)
シロバナカラスノエンドウ

紅白ツーショット、赤の方が虫食いだった(^^;)
シロバナカラスノエンドウ

これもスマホで撮影
シロバナカラスノエンドウ

ちょっと後ピンになったけどこの程度の大きな花なら問題なし。
シロバナカラスノエンドウ

マメ科ソラマメ属

(3月29日撮影)
2023. 04. 08  
ご近所散策シリーズ、花が続々咲いてきたのでアップのペースをあげなくては。
舗装の隙間に生えていたスズメノエンドウ、我が家のすぐ近く、これで近くの公園まで確認しに行かなくてすみそう。
スズメノエンドウ

枝先に4-6個の花をつける。
スズメノエンドウ

でも小さくてピントを合わせにくい。
スズメノエンドウ

花も小さいしあまり開かないので蝶形花というのが分かりにくい。
スズメノエンドウ

スズメとカラスのツーショット、カラス一つよりスズメの花序全体の方が小さい。
スズメノエンドウ

巻きひげ、絡む相手がいないので仲間同士で絡み合っている。
スズメノエンドウ

深く切れ込んだ托葉、もう糸状に見えます。
スズメノエンドウ

すぐ側に大群生
スズメノエンドウ

絡む相手がいないけど塀により掛かるように立ち上がっています。
スズメノエンドウ

これもスマホで撮影
スズメノエンドウ

近づけるとピントが会わないので望遠で撮影、やはり画面がざらついているな、こういう時に限ってよく開いた花がある。
スズメノエンドウ

マメ科ソラマメ属

(3月29日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

03月 | 2023年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR