2023. 04. 13  
休耕田に島状になって咲いていたレンゲ、ここは一部水が溜まっていたので入れず、左側一段高くなっている場所がノミノフスマが大群生していた休耕田。
レンゲ

4枚上の休耕田、一見荒れ地のように見えますがここは野草の宝庫でした、次の古墳巡りがなかったらここでもっと探したかった。
レンゲ

やはりここもレンゲが高くなって咲いているのであちこち島状になっていました。
レンゲ

背が高いので青空バックも容易
レンゲ

更にもう1枚、もう初夏の陽気でした。
レンゲ

真上から見ると隙間があって全体が一つの花のように見えます。
レンゲ

花序で見る花ですが一つの花も見栄えがします、これは虫に食われている。
レンゲ

これもスマホ撮影
レンゲ

2枚目とほぼ同じアングルですがこちらの方が写真的には優れているな、もう両方で撮っていいとこ取りしようかな、その分時間がかかるけど。
レンゲ

デジカメは白飛び気味でしたがこちらは問題なさそう。
レンゲ

竜骨弁から蕊が飛び出ています、撮影時は気が付かなかった。
レンゲ

マメ科ゲンゲ属

(4月2日撮影)
2023. 04. 13  
広い休耕田(この後田んぼになるかもしれないけど)、これ一面に咲いているのはノミノフスマとスズメノテッポウだけ、休耕田でノミノフスマはよく見かけるけどコンの広い範囲を独占しているのは初めて見ました、他の野草は片隅にちょっとだけ、1段高い左は現役の麦畑、一段低い右側は次の記事で紹介するレンゲ。
ノミノフスマ

近寄ってみると白いノミノフスマが咲いているのがわかります、スズメノテッポウもね。
ノミノフスマ

スズメの天保は真っすぐ伸びているので上から見るとノミノフスマがよく分かる。
ノミノフスマ

横から、スズメノテッポウの方が高く伸びている。
ノミノフスマ

花弁は5枚だけど深裂しているので10枚に見える、萼は花弁より短い、あまりに多くて目移りしたのかまともに撮っているのはこれだけだった、スマホも無し。
ノミノフスマ

コオニタビラコとのツーショット
ノミノフスマ

スズメノテッポウとのツーショット、偶々ピントが合っていただけ。
ノミノフスマ

ナデシコ科ハコベ属

(4月2日撮影)
2023. 04. 13  
休耕田に咲いていたコオニタビラコ
コオニタビラコ

オニタビラコよりずっと背が低い、舌状花の数はサイトによって数が違うけど6-13枚程。
コオニタビラコ

これは舌状花が10枚、それに対応して葯筒も10本
コオニタビラコ

舌状花が6枚のもありました、ニガナに似ているけどあちらは舌状花がもっと細い。
コオニタビラコ

横から見ると花粉まみれの柱頭が出ている、先端が小さく2裂している。
コオニタビラコ

根生葉の様子も撮りたかったけどここは他の野草が生えすぎて撮りづらかった。
コオニタビラコ

こちらもスマホ撮影、デジカメの場合、まず最初に見つけたのを撮るので後から状態がいいのを見つけても撮らないこともあるがスマホは後からなのでいい状態のを撮れます。
コオニタビラコ

拡大も問題なし。
コオニタビラコ

葯筒の下に伸びる花糸も見えています、それも黄色い。
コオニタビラコ

キク科ヤブタビラコ属

(4月2日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

03月 | 2023年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR