2023. 04. 15  
平尾台では初めてのシュンラン、直ぐ側で別の野草を撮っていたので野草に興味があると思われたらしく教えてもらいました、ラッキー。
シュンラン

たくさん咲いていた目移りしそう。
シュンラン

直ぐ側にも沢山の花を咲かせていた、秋吉台ではどちらかというと湿り気のある山林内で見かけますがこちらはそれとはまた違った環境です。
シュンラン

いい雰囲気で咲いていた。
シュンラン

こんな日が当たる場所で咲いているとはね。
シュンラン

唇弁ドアップ、蕊柱は見えてないかな。
シュンラン

こちらは別の場所、ヒトリシズカと一緒に咲いている、これは独自に見つけたけど前の場所を教えてもらっていなかったらこんなとこ探さないだろうな、去年もすぐ側を通っているが全く気がついてない。
シュンラン

花の背後の鱗片がなんとも優しげ。
シュンラン

ここも結構咲いていました、お互い反対方向を向いて仲違い(違)
シュンラン

こういう場所もあるのかと捜索範囲が広がりそう。
シュンラン

ラン科シュンラン属

(4月3日撮影)
2023. 04. 15  
この日一番の目的がオキナグサ、去年綿毛を見つけていたのでその場所に真っ先に駆けつけました。
オキナグサ

もうたくさん咲いています、秋吉台と同様石で囲まれています、時期が早かったのか時間が早かったのか(8時前)花が十分開いてなかった。
オキナグサ

一株に一つの花だからこれは7株くらい密集、こんなのもあれば一株しか咲いていないのもある。
オキナグサ

花は下向きですがこれは上向きになっていました、赤いのは花弁じゃなく萼片、周りの細かく裂けた葉が総苞、どちらも毛だらけ。
オキナグサ

中央に赤黒く見えているのが雌しべ、これが果実期に綿毛になります、黄色いのが雄しべの葯。
オキナグサ

萼片花柄茎ともう毛だらけ、生まれながらにして翁。
オキナグサ

青空バック、この日は1日中快晴でした。
オキナグサ

萼片が取れて中が見えるのがありました。
オキナグサ

雄しべと雌しべの様子がわかります。雄しべが奥にあるからこの奥にまで入れる昆虫じゃないと花粉はつけられそうにない、大型の昆虫では無理か。
オキナグサ

これは雌しべが伸び始めた果実期になってきています。
オキナグサ

これもスマホ撮影
オキナグサ

ドアップも問題なし、でもこの後は花を探すのに忙しくてスマホで撮ったのはこれだけでした。
オキナグサ

キンポウゲ科オキナグサ属

(4月3日撮影)
2023. 04. 15  
古墳巡りの次の日に平尾台を廻ってきました、いよいよ野草シーズンの始まりです。
まずは最初の山塔ヶ峯、予定にはなかったけどつい勢いで登ってしまった。ハッキリしたピークはなく見ての通り表示版がなければ通り過ぎるかもしれない、眺望は全くないし目ぼしい花も無くお疲れ山でした、途中急傾斜の山道、上りは問題ないけど下りの方が怖かった、山道の所々にテープがありますが折りやすい場所を選んでいたらコースを外れてしまった。
塔ヶ峯

展望台があるようなので行ってみましたが”歩いて10分”では人によって差が出るから長さで表示してほしかった。しかも先の方は山道がなく巨岩の上を歩く状態、花もないし途中で引き返しました。
塔ヶ峯

駐車場から見た大平山
大平山

朝6時45分の撮影、朝日が斜めに当たって羊岩群が強調されています。
大平山

(4月3日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

03月 | 2023年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR