2023. 04. 16  
頭上高くに伸びた樹木に展開した若葉、明らかにこの樹木の葉ではありません。
アケビ

望遠で撮るとアケビでした、若葉に赤紫の花が青空に映えています。
アケビ

望遠を最大にしてもこの程度、これも平尾台では初めてだけど今年は一度アップしているからサラッとね。
アケビ

下の方の花を望遠で撮影、雄花や雌花がわかります。
アケビ

こちらは別の場所、まだ花を咲かせていませんが気になったので撮ってみました。
アケビ

普通5枚の小葉が7枚です、この株は7枚のが多かった。
アケビ

こちらは6枚、普通なら頂小葉+対の側小葉で常に奇数になるのですがこれは偶数、どれか1枚出そこねたか。
アケビ

アケビ科アケビ属

(4月3日撮影)
2023. 04. 16  
これも平尾台では初めてのミツバアケビ、この日見かけたのはこれだけでした。
ミツバアケビ

ブドウの房のような雄花序、雌花は全く見られなかった。
ミツバアケビ

基本構造はアケビと同じですがこちらは小さいし萼片も目立ちません。
ミツバアケビ

波状の鋸歯がある3小葉なので分かりやすい、なので芽生えの頃でも分かりやすくよく見かけますがアケビの芽生えはあまり見かけません。
ミツバアケビ
(4月3日撮影)

一週間後もう一度行って雌花を見つけてきました、雄花序の上の方から長い花柄を伸ばして雌花が2つ出ています。
ミツバアケビ

こちらも雌花が2つ、普通1-3個ですがつかないこともあります。
ミツバアケビ

基本構造はアケビと同じですがずっと小さくアケビの雄花と同じくらいでしょうか、これは花柱が5本、まだ緑色ですが赤紫色に生ってきます。
ミツバアケビ

こちらは花柱が4本、基部に瘤のように見えているのが雄しべの痕跡です。
ミツバアケビ

瘤を見ると溝状の構造があって元は葯だとわかります。
ミツバアケビ

雄花はずっと小さく数で勝負(笑)、小さな萼片が反り返っています。
ミツバアケビ

これも頭上高く蔓を伸ばしている、巻き付くというよりは這い上がる感じですね、まだ樹木の葉が展開していないので目立ちます。
ミツバアケビ
(4月11日撮影)

アケビ科アケビ属
2023. 04. 16  
林道に咲いていたツルカノコソウ、去年はこれやカノコソウ等秋吉台で普通に見られるのは撮ってもしょうがないかなと思っていましたが今年から方針転換、初物は全て撮ってみるにしました。周りに見えている5小葉はアケビかと思ってましたがいまあらためて見ると4枚や3枚のがある、ゴヨウアケビかもしれません。
ツルカノコソウ

これで高さ15cm程
ツルカノコソウ

でももう一人前に花を咲かせている、この後成長しながらもっと花を咲かせるんでしょうか。
ツルカノコソウ

ほぼ白づくめの花、こういうのは日向で撮るより日陰のほうが白飛びしなくていい。
ツルカノコソウ

3裂した柱頭が見えています。
ツルカノコソウ

スイカズラ科カノコソウ属

(4月3日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

03月 | 2023年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR