2023. 04. 20  
台地上のドリーネの底のような場所に咲いていたキビシロタンポポ、キビシロタンポポは根生葉があまり立ち上がらず花茎は30cm以下とその特徴に一致、でも30cm以上もあるシロバナタンポポなんてあまり見たこと無いし根生葉が立ち上がっているのも見かけないけどね。
キビシロタンポポ

総包外片が反り返らないのでキビシロタンポポと判断
キビシロタンポポ

こちらもそう、でも総包片の角状突起が大きい、キビシロは小さいそうだ。
キビシロタンポポ

花後の様子、外片が反っています。
キビシロタンポポ

これも外片が反り気味、花の終わりの頃外片が反ってくることがあるんでしょうか。
キビシロタンポポ

これが一番の美形、花が完全に白飛び
キビシロタンポポ

株によって黄色の割合が違うがこれは白の割合が大きい。
キビシロタンポポ

岩の隙間から青空バック
キビシロタンポポ

葯筒から伸びた花柱、タンポポ属は特に花柱が長い。
キビシロタンポポ

これは花茎が折れています。
キビシロタンポポ

でもまだ元気元気、花粉が出ています、これは多分結実する。
キビシロタンポポ

キク科タンポポ属

(4月3日撮影)
2023. 04. 20  
この辺りで随分多いヒトリシズカ、秋吉台でも台地上で見られますがここまで多くはない。
ヒトリシズカ

石灰岩の隙間とか
ヒトリシズカ

窪みとか、やはり陰になる部分に多い。
ヒトリシズカ

日が当たって美形が勢ぞろい。
ヒトリシズカ

単純そうに見えて複雑な花、緑色のは子房でその上に雌しべ、短い花柱と扁平な柱頭、一つの花に雄しべが3本、白いのは花糸で基部についた膨らみが葯、葯があるのは左右のだけで中央のはつかない。
ヒトリシズカ

これは塔ヶ峯も登路で唯一見かけた花、この手前の林道でも見かけなかったけどむしろこんな環境の方が多そうなんですが、前の花を先に撮っていたらこちらは撮らなかっただろうな。
ヒトリシズカ

普通中央の花糸の方が短いんですがこれは同長か長め。
ヒトリシズカ

センリョウ科チャラン属

(4月3日撮影)
2023. 04. 20  
花よりも葉を撮る機会が多いヤブレガサ
ヤブレガサ(葉)

今頃がちょうど破れ傘状態、若い内は随分毛が多い。
ヤブレガサ(葉)

破れ傘の大集団、平尾台では普通に見かけますが秋吉台ではごく少ない、地元の山でも標高の高いところで見られるから平尾台の標高の高さが影響しているんでしょうか。
ヤブレガサ(葉)

まだ伸び始めた頃、破れ傘というよりもうお化け状態
ヤブレガサ(葉)

頭を出し始めたばかりのもありました。
ヤブレガサ(葉)

正体を知らないと何かと思うかも、こんな犬がいたな、ずっと小さいけど。
ヤブレガサ(葉)

キク科ヤブレガサ属

(4月3日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

03月 | 2023年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR