2023. 04. 30  
日当たりのよい湿っぽい場所に咲いていたマンネングサ、ヒメレンゲでしょうか。
ヒメレンゲ

裂開直前の葯が橙赤色になってこの頃が一番綺麗かな、花粉が出ている葯もありますが黒っぽくなっています。
ヒメレンゲ

花の中央に蜜、かと思ったんですが花弁にも丸い水滴があり雨粒かな、前の晩雨だったかな。
ヒメレンゲ

花被片は5枚で萼片より長い、左のは4弁かと思いましたがよく見ると2枚がくっついている。
ヒメレンゲ

何故か下部の茎や葉が赤っぽく更に赤い点々もありました、葉の裏にも赤い点々があるような。
ヒメレンゲ

ベンケイソウ科マンネングサ属

(4月17日撮影)
2023. 04. 30  
シキミは墓地の側に植えられることも多く人家の近くで見ても植栽かなと疑いますがこれは間違いなく野生。
シキミ

花被片は10-20枚、これは13枚ありました。
シキミ

雄しべも雌しべもすごく整っている、雌しべは8本、何故か柱頭が中央で合わさっている。
シキミ

花被片と雄しべが落ちて雌しべと子房が残っている、まるで爪を伸ばした悪魔の指。
シキミ

柱頭をよく見ると3裂しているかな。
シキミ

これは開花したばかりの花、mせいべは外側に開いている。
シキミ

これも雌しべが外側にひらいている、ただこれは花被片が同じように齧られているところを見ると蕾の頃齧られたのでしょうか、その際雌しべも齧られたか、先端に齧られたような跡がある、これでは果実は出来ないだろ。
シキミ

マツブサ科シキミ属

(4月17日撮影)
2023. 04. 30  
県内ミニ遠征してきましたが花が少なく2日分程のネタしかゲットできず。
この場所で一番多かったイズセンリョウ、多かったというより殆どこれしか咲いてなかった。
イズセンリョウ

まだ蕾が多かった。
イズセンリョウ

先端が5裂、内側の筋模様がある、中に5個の葯、中央に緑色の柱頭が見えている。
イズセンリョウ

花冠は丸ごと落花、まだ雌しべが残っている、上のは柱頭が真正面から撮れている、右側の蕾は開花寸前、先端に割れ目ができ始めています。
イズセンリョウ

サクラソウ科イズセンリョウ属

(4月17日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

03月 | 2023年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR