2023. 09. 10  
コバギボウシの近くで咲いていたサワヒヨドリ、これも湿地に咲く花ですが秋吉台と同様草原にも多く咲いています、やはり湿地である証拠か。
サワヒヨドリ

取り敢えず赤ければサワヒヨドリ、でもサワヒヨドリでも白いのがあるそうだ。
サワヒヨドリ

ちっともキク科らしくない花、変異も多く区別も難しくとにかく好きになれない、なので撮るにも力が入らず。
サワヒヨド<br>リ

披針形の葉、これも変異が多く基部が3裂、3深裂することもある。
サワヒヨドリ

葉の裏に腺点が多い、この仲間は腺点があることが多いがフジバカマは腺点がない。
サワヒヨドリ

キク科ヒヨドリバナ属

(9月3日撮影)
2023. 09. 10  
石灰岩の隙間に生えているコバギボウシ、湿地に咲く花ですがここは平尾台でもかなり高い場所、逆にこれがこんな場所に生えているから平尾台全体が湿地と言えるかもしれない、これは去年も見ていますがもう少し下に咲いていたオオバギボウシは見られなくなっていた。
コバギボウシ

花つきもいい、上の方はまだ蕾だが一番下のは未熟な果実になっている。
コバギボウシ

普通一株に同時に一つ2つ咲きますがこれは3つ開いていました。
コバギボウシ

こちらを向いてもらって撮影
コバギボウシ

蕊をドアップ、普通雄しべより雌しべが長いのですがこれは見当たらない、よく見ると先端が紫色になっているのが花柱で柱頭は隠れていた。
コバギボウシ

正面から見ると雌しべが中央に見えています、他の花を見てもここのは雌しべが雄しべと同長でした。
コバギボウシ

朝8時半頃の撮影、明け方は雲が広がっていましたが雲が切れて青空が見えてきていました、でも下からの上昇気流で下方の山並みに霧のような雲がかかっています。
コバギボウシ

キジカクシ科ギボウシ属

(9月3日撮影)
2023. 09. 10  
チョウセンスイランの側に咲いていたサワギキョウ、むしろこちらに先に気がついて近寄ろうとしてチョウセンスイランに気が付きました。
サワギキョウ

これも福岡県絶滅危惧種Ⅱ類、これはピントがあってますが花は大きくても隙間が多いと後方にピントがあってしまったのが多かった。
サワギキョウ

ミゾカクシそっくり、間違えることもないしこちらの方がはるかに少ないですが、ミゾカクシは鳥が飛んでいる姿に見えますがこちらは大きすぎてとてもそうは見えない。
サワギキョウ

この太い、花柱のような部分は植物的にはなんにあたるんでしょう、先端の窪みが目のように見えて全体が鳥のように見えます、そこから出ている黒っぽいのが合着した葯、更に花柱が伸びている。
サワギキョウ

柱頭は2裂、絨毛が生えている、葯は萎れバラバラになってきています。
サワギキョウ

葉は螺旋状に互生、細かな鋸歯がある。
サワギキョウ

キキョウ科ミゾカクシ属

(9月3日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

08月 | 2023年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プルダウンリスト
QRコード
QR