2023. 09. 27  
進化の妙とも言うべきツリフネソウ、数は少ないけど一応花弁3枚、萼片3枚と花の基本構造はあるんですが。
ツリフネソウ

正面から見ると上に花弁1枚、下に花弁2枚、下側の花弁左右に小さな突起がある。
ツリフネソウ

下側花弁は広く訪問昆虫に着陸場を提供、花の奥はオレンジ色と白色になり斑紋があって蜜標となっています、マルハナバチの仲間が対象みたい。
ツリフネソウ

上からは蕊が垂れ下がっている、下側は2条の筋状突起、これで行動制限して真下を通るようにしているか。
ツリフネソウ

白く太いのは葯、先端に雌しべの柱頭が見えているのかな、内部の黒っぽいのは子房かもしれない。
ツリフネソウ

萼片は左右の2枚はわかりやすい、3枚目は後方に袋状になって萼とわかりにくい。
ツリフネソウ

蕾の頃、既に先端が渦状になった距が見えているがこれから開いた様子は想像できない。
ツリフネソウ

多少膨らんできて花弁が突き出てきています。
ツリフネソウ

葉は互生で菱状楕円形、細かな鋸歯がある、花軸の突起毛を撮るのを忘れた。
ツリフネソウ

ツリフネソウ科ツリフネソウ属

(9月12日撮影)
2023. 09. 27  
湿地手前の山道に咲いていたアカバナ、これで湿地に入らずにすんだ。
アカバナ

赤花と言うほど赤くはない、言った者勝ちか、雄しべは8本、熟したのは花粉の粒々が見えていますがまだ未熟なのもあり時期を違えて熟すんでしょうか。
アカバナ

特徴的な棍棒状の柱頭、花粉が付着しやすいよう柱頭にはいろんな工夫がなされますがこんな棍棒状のはあまり見ない。
アカバナ

花弁縁に赤い縁取りがあった、花粉は放出し終えたのか葯が茶色くなっている、花粉が大きいせいなのか花弁に散らばっている。
アカバナ

花弁の間に萼片、こちらの方がよほど赤い、上側のはちょうど葯と重なって仮面のように見えています。
アカバナ

長い花柄じゃなくてこれは子房、下の方の緑色が花柄のようです、もう全体に腺毛だらけ。
アカバナ

腺毛ドアップ、萼にも腺毛、茎や葉にも腺毛があるそうだ。
アカバナ

葉は対生で卵形〜卵状披針形、棘状の鋸歯がある。
アカバナ

湿地の縁にツリフネソウやヤブツルアズキと同居。
アカバナ

アカバナ科アカバナ属

(9月12日撮影)
2023. 09. 27  
エゾミソハギが咲いていた湿地とは別の場所の湿地、ミソハギを期待したのですが
エゾミソハギ

毛が多いし萼筒付属体が直立している、エゾミソハギでした。
エゾミソハギ

茎下部の方は無毛ですが葉が茎を半ば抱いています、ミソハギは抱かない。
エゾミソハギ

花自体は変わり無し、なので近寄ってみないと区別がつけづらい。
エゾミソハギ

これは短花柱花、ここのは見た限りでは短花柱花ばかりでした。
エゾミソハギ

花の奥に更に短い雄しべが見えています、長い方とは葯の色も違います。
エゾミソハギ

ミソハギ科ミソハギ属

(9月12日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

08月 | 2023年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プルダウンリスト
QRコード
QR