2023. 09. 29  
やっと咲いてくれたヒガンバナ、と言っても何のことやらと思われると思いますがこれは秋吉台で拾ってきた球根から咲いたものなのです。
イノシシが掘り起こした場所に多数の球根が散乱、有毒なのでさすがのイノシシも食べなかったみたい、せっかくなので4,5個持って帰って家の前に埋めてみました、でもそれは3,4年前、その後一度葉が出てきたことがあったけど花は咲かずだめになっていたと思っていたらやっと咲いてくれました、でも一つだけ、他はどうした。
ヒガンバナ

周りの風景が写らないようアングルが限られる。
ヒガンバナ

やはり日が当たっている状態で撮りたい、でも今日は雲が多かった。
ヒガンバナ

真上から、6つ咲いているようです。
ヒガンバナ

月曜日夕方開き始めているのを確認、次の日の夕方咲きそろっていました、パッと咲くのではないゆっくりと開いてくるようです。
ヒガンバナ

青空バック、雲が多くて残念、やはり電線が邪魔。
ヒガンバナ
ヒガンバナ科ヒガンバナ属

ヒガンバナの下にあるのはマルバツユクサ、近くの海岸で咲いていたのを閉鎖花を見るために引っこ抜いたのをここに移してみました、放置状態だったんだけどしっかり根付いて随分増えています、この子はうっかり移植しないほうがよさそうです。
マルバツユクサ

元の場所のはすっかり草刈りされていたから生き残り、でもその内近所で増えるかも。
マルバツユクサ

午前中しか咲かないからその内家の中に持ち込むかな。
マルバツユクサ
ツユクサ科ツユクサ属

(9月27日撮影)
2023. 09. 29  
この日最初に撮ったアブラススキ、高さが2m近くあったので思わず撮影、でもこれを撮ったおかげで人との良い出会いがありました、タヌキマメを見つけられたのもそのおかげか。
アブラススキ

稲穂を思わせるような花穂。
アブラススキ

先端の方は葯が目立ちますが雌しべも残っている。
アブラススキ

元の方は雌しべばかり目立ちます、雌性先熟でしょうか。
アブラススキ

雌しべと雄しべが同時に出ているのもありました。
アブラススキ

長い芒を持つ。
アブラススキ

ススキを思わせる細長い葉。
アブラススキ

葉鞘に長い毛が生える、葉舌も割とハッキリしている。
アブラススキ

イネ科アブラススキ属

(9月12日撮影)
2023. 09. 29  
民家近くの空き地に咲いていたアメリカタカサブロウ、秋吉台だとこんな環境はいくらでもありますが平尾台では少なく私的にはちと不満、平尾台に来てまでこんなのを撮る人はあまりいないでしょうが。
アメリカタカサブロウ

白い頭花は地味、これが真っ白ならもっと目立ったんでしょうが。
アメリカタカサブロウ

頭花は5,6mmと小さいし総苞片の幅も狭いのでアメリカタカサブロウでしょう、タカサブロウはあるのか。
アメリカタカサブロウ

葉の裏に伏毛、上向きのようです、毛の上向き下向きも意味があるようでこれはどんな利点があるんでしょうか。
アメリカタカサブロウ

未熟な果実はあったけど熟したのはなかった。
アメリカタカサブロウ

キク科タカサブロウ属

(9月12日撮影)
2023. 09. 29  
アカネはほぼ毎年撮ってますが小さい花へのチャレンジですね。
アカネ

花弁のブツブツした質感や先端が棒状になっているのを撮れればOK、日が当たっていると白飛びするけどこれは日陰すぎた。
アカネ

柱頭が2裂しているのを撮れれば更に成功、5弁花だけどこれは6弁だった、そんなに枚数撮ってないのにな。
アカネ

茎に下向きの棘、小さいけれど結構引っかかって優秀、服が敗れる程ではないですが。
アカネ

これは棘が上向きのように見えます、葉柄にも棘がある。
アカネ

アカネ科アカネ属

(9月12日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

08月 | 2023年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プルダウンリスト
QRコード
QR