2023. 09. 30  
初めてのシュスラン、平尾台にあるとは全く知らなかったし殆ど知られてなかったようです、しかしシュスランを検索してもシュスラン属やアケボノシュスラン、ベニシュスラン等ばかり出てきてシュスランそのものはあまり出てこない。
シュスラン

ちょうどいい雰囲気で咲いていました、ベニシュスランは花筒が長く葉に符が入る。
シュスラン

側にもう一株
シュスラン

これは下の方の花が終わっています。
シュスラン

更に側に3株、都合6株咲いていました、付近を探してみたがこの辺りだけだった。
シュスラン

花茎を伸ばしていないのはもっとありました、花を咲かせるまで何年くらいかかるんだろ。
シュスラン

いきなりドアップ、左右のが側萼片で同属のミヤマウズラほど広がりません、中央が唇弁、その左右の白っぽいのが側花弁。
シュスラン

横から、上の赤っぽいのが背萼片、白い側花弁と境目がハッキリしている、その上のは苞葉か、これも半透明。
シュスラン

背萼片には短毛が生えている。
シュスラン

奥に蕊柱、そこから伸びているのが嘴体もしくは小嘴体、シュスラン属は細く先端が2裂するのが特徴だとか。
シュスラン

虫さんが入っているのもありました。
シュスラン

長卵形の葉、これはだいぶ黒っぽい、主脈が赤いけど本来は白いのが特徴だとか、色が黒いことといいここのはちょっと変わり者か。
シュスラン

まだ小さな株、ブレましたが色がそれ程黒くなく主脈も白い。
シュスラン

日が当たってきたので再度撮ってみました。
シュスラン

いい雰囲気でした、色自体も普通のより赤っぽいか。
シュスラン

スマホで撮ってみましたがあまりうまく撮れなかった、太い花柄子房は捻れておらず毛が生えている、その下のは形を保ったまま茶色く萎れています。
シュスラン

おまけ、別の場所で取ったアケボノシュスラン、だいぶ蕾が膨らんできた、予想よりもう少し早く咲くかも。
アケボノシュスラン蕾

ラン科シュスラン属

(9月23日撮影)
2023. 09. 30  
ミヤマウズラを訪ねてみたらもう殆ど終わっていたけどキノコが生えていた、これはフクロツチガキ
フクロツチガキ

エリマキツチグリとソックリですが内側の襟巻き部分がないのでフクロツチガキのようです。
フクロツチガキ

まさしく巾着袋、軽く押してみると上から灰色の胞子が煙のように出てきた、その瞬間を撮りたかったけど静止画では難しい。
フクロツチガキ

この辺りに幾つもありました。
フクロツチガキ

左側のはミヤマウズラの葉、今年出たのかな、何年くらいで花を咲かせるんだろ。
フクロツチガキ

ヒメツチグリ科

(9月23日撮影)
2023. 09. 30  
更に別の日の平尾台、この日はいい出会いがありました。
去年とは別の場所のアケボノソウ、ここに割りとたくさんありました。
アケボノソウ

でもまだ殆ど蕾でした、でもこれはよく見ると
アケボノソウ

2つ咲いていた、結局この日はこの2つだけ、どちらにしろもう一度来なくては。
アケボノソウ

蜜腺から蜜がちょっぴり出ています、葯が一部落ちているけど柱頭はまだ開いていない。
アケボノソウ

もう一つの方、こちらの方が後から開いた感じだけど柱頭が開いている、でも不十分、葯も落ちていると言うより食いちぎられたような。
アケボノソウ

リンドウ科センブリ属

(9月23日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

08月 | 2023年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プルダウンリスト
QRコード
QR