2023. 11. 30  
花も終わったので撮りためた果実・芽生え等々冬ネタ様になってきます。
取り敢えずはダルマギクと同じ海岸で見かけたハマナタマメの果実。
ハマナタマメ

果実は2個セットのことが多かった。
ハマナタマメ

これで長さ4cm程、結構固いけど海流散布ならこれくらいの丈夫さが必要か。
ハマナタマメ

開いてみました、種子が4個入っていたけど開く際1個落ちてしまった。
ハマナタマメ

これは虫の卵かと思ったけど幼虫の糞かもしれない。
ハマナタマメ

種子の大きさは1cm程度。
ハマナタマメ

胎座に付いていた跡、へそと読んだほうが分かりやすいか、がま口あるいは口だけのお化け(笑)
ハマナタマメ

中に幼虫がいました、まだ動いていました。
ハマナタマメ

マメ科ナタマメ属

海岸に流れ着いていたヤシの実、多分ココヤシ
ココヤシ

これで大きさ20cmくらい、海岸で見るのは3度目か4度目か。
ココヤシ

外皮はもうボロボロ、でも条件のいい場所で植えたら芽生えるんだろうな、こんなものを持って帰るわけにもいかず、できればモダマの果実を見てみたい。
ココヤシ

ヤシ科ココヤシ属

(11月22日撮影)
2023. 11. 29  
海岸を通る道路脇に生えていたこれ、ヒロハスズメノトウガラシのようです、田んぼ以外で見たのは初めてかな、この日はスマホだけで撮るつもりだったけどこれを撮るにはスマホでは難しく結局全てデジカメで撮りました。
ヒロハスズメノトウガラシ

あんまり花が潰れてないけどやはりヒロハスズメノトウガラシのようです、秋吉台で見るのは白っぽいのが多いけどこれはだいぶ赤みが強い。
ヒロハスズメノトウガラシ

これはヒロハらしくだいぶ潰れている。
ヒロハスズメノトウガラシ

こういう時に限って上下長短2組の雄しべがよく見えている、柱頭も見えているかな。
ヒロハスズメノトウガラシ

葉の様子からもエダウチじゃなくヒロハのようです、この後自然公園に行きましたが花は見つからず、これで今シーズンの花は終わりかな。
ヒロハスズメノトウガラシ

アゼナ科スズメノトウガラシ属

(11月22日撮影)
2023. 11. 29  
潮を被るような岩場に咲いているホソバワダン、ここだけじゃなくこの辺りの海岸でよく見かけます、これだけなら近所の海岸で十分なんですけどね。
ホソバワダン

垂直の崖の遥か上の方にも咲いています。
ホソバワダン

岩の割れ目に生えていることが多い、これは崖ではないけど写真で見ると崖かそうでないかの違いがわかりにくい。
ホソバワダン

舌状花だけの花、蟻がたくさん来ていた。
ホソバワダン

そんなに多くの蜜を出しているとも思えないんですけどね、蜜を体内に貯めて巣に持ち帰るのかな。
ホソバワダン

これは頭花の数が多く帯化しているのかもしれない。
ホソバワダン

花自体は特に変わらず、全身黄色、葯筒まで黄色。
ホソバワダン

青空バックならぬ海をバックに。
ホソバワダン

花も海の方に向いていることが多い。
ホソバワダン

キク科アゼトウナ属

(11月22日撮影)
2023. 11. 28  
この日の一番の目的イワレンゲ、でも全然見当たらず、以前生えていた崖面は崩落したような跡があってそのせいかもしれないけどそれにしてもロゼットくらい多少は残っているだろうと思ったけど全く見当たらず、最後に来たのが2016年か、随分来てなかったんだ。復路でやっと一株見つけました、廻りも探してみたが全く見当たらず、周りのロゼットは多分ダルマギク。
イワレンゲ

もう子房が赤くなっていた果実期。
イワレンゲ

こういう状態のはまだ見てなかったからこれはこれで良かったんですが。
イワレンゲ

一番上の花で約から花粉が出ていてギリギリ花が開いている状態。
イワレンゲ

赤く色づいた子房、これはこれで綺麗でした。
イワレンゲ

子房の先端にまだ短い花柱が残っている。
イワレンゲ

根生葉の様子、左側のは前年の根生葉でしょうか、一稔性の野草で開花すると枯れるそうです、腋芽や走出枝を出して増えるそうですがこれはどうなるか。
イワレンゲ

ベンケイソウ科イワレンゲ属

(11月22日撮影)
2023. 11. 28  
海岸に咲くツワブキ、あまりいい状態のがなかった。
ツワブキ

蕊を撮るには問題ないかなと思って撮ってみました、蟻が来ている、花の少ない時期の貴重な食料源。
ツワブキ

太い総苞、虫さんが何を撮ってるのかなとこちらを見ている。
ツワブキ

日当たりのいい場所ではきれいに咲いているのがあった。
ツワブキ

こちらは内陸部の自然公園、海岸よりはきれいに咲いていたけどそれでも例年に比べて少ないかな。
ツワブキ

大きな花だと半日陰くらいの方が白飛びせずに撮りやすい。
ツワブキ

5角形の筒状から伸びた葯筒、舌状花の雌しべもあるようですが短そう。
ツワブキ

キク科ツワブキ属

(11月22日撮影)
2023. 11. 27  
陽気に誘われて郊外の海岸&自然公園に行ってきました、野草シーズンの終わり頃とは言え例年より花は少ないような。
海岸の岩場に咲くダルマギク、ここは海面から3,4m上の高さ、左上に打ち寄せる波が見えています。
ダルマギク

海をバックに撮影、意外と花と海両方を収めるのは難しい。
ダルマギク

これは海の様子はいいんだけど花がいまいち。
ダルマギク

晩秋だけどまるで春を思わせるような、四日前は強風が吹き荒れ海岸から離れた場所でも潮風が吹き込んでいました、ここも当然潮風を被っていたでしょうね。
ダルマギク

左下のは筒状花が全開、でも中央部がまだ開いてない状態のほうが野菊らしさを感じる。
ダルマギク

結局やることは同じ蕊ドアップ、右側で舌状花の雌しべが花弁化している。
ダルマギク

葉には毛が密生、柔らかそうなイメージがあります。
ダルマギク

腺毛も混じっていて触ると少しべとつきます、これも潮風対策でしょうか。
ダルマギク

これが一眼綺麗に咲いていたけど木陰で斑に日が当たっていて撮りにくかった。
ダルマギク

全体に白っぽい花が多かった。
ダルマギク

これはだいぶ青みが強い。
ダルマギク

ほぼ垂直の岩野替えの上の方にも咲いています。
ダルマギク

これは最近崩落した跡でしょうか露出面があまり風化していない、イワレンゲを探しに来たのですが崖が崩落したのか殆ど見当たらず(明日アップ)
ダルマギク

最後は青空バック、この日は1日中雲ひとつない天気でした。
ダルマギク

おまけ、イワレンゲを探してつい遠くまで来てしまった、行き着いた場所から来た方向を振り返って撮影、画面中央やや上白く見えている建物辺りが出発点です、あそこからここが見えていたのか、実際は無理だろうけど。右側遠くに霞んだ山塊がR山かな、だとすると中央遥か遠くの山塊がO山か、今度登ってこの辺りが見えるかどうか確かめてみよう。
海岸

キク科シオン属

(11月22日撮影)
2023. 11. 26  
場所も日にちも違いますが更に続く草紅葉。
ため池が干上がって露出した地面に草紅葉が一面に広がっていた、どうやらサワトウガラシのようです、まだ花が残ってないかなと思ってきたけど全く無く、でも草紅葉が見られてよかった。
サワトウガラシ

ここにサワトウガラシが多いのは知っていたけどこんなに多かったのか、もう一面に広がっていました、白く見えている花はヒロハホウキギク。
サワトウガラシ

木陰になっている部分に木漏れ日が当たっていて一層綺麗でした。
サワトウガラシ

もう全草真っ赤っ赤。
サワトウガラシ

まるで赤いヒジキ、葉が線形だしサワトウガラシで問題なさそうです。
サワトウガラシ

同じ場所でボントクタデも紅葉
ボントクタデ

これも全体が赤くなっている、イヌタデ属は草紅葉になりやすいんでしょうか。
ボントクタデ

紅葉の代表ハゼノキの負けそうな鮮やかな真っ赤っ赤
ボントクタデ

日に透かして、これは表からの方が綺麗だった。
ボントクタデ

林の中を歩いていてふと見上げると紅葉した樹木、ガマズミのようです。
ガマズミ

ちょうど木漏れ日が当たっていて背景は緑の葉で一層綺麗でした。
ガマズミ

間近でみられなかったので望遠で撮影。
ガマズミ

まだ赤い実が残っていた、紅葉していると果実が目立たないと思うんだが。
ガマズミ

(11月2日撮影)
2023. 11. 25  
オカトラノオが紅葉していた、ここまで赤くなるのも珍しいかも。
オカトラノオ

特に下の方の葉が鮮やかです。
オカトラノオ

当然光に透かしてみる。
オカトラノオ

撮影時は気が付かなかったですが右側のはササの葉でしょうか、上部が枯れて茶色くなっているのはよく見かけますが赤くなっているのは初めて見るかな。
オカトラノオ

シラヤマギクも紅葉
シラヤマギク

紅葉と言うよりはかなり黒っぽい。
シラヤマギク

光に透かしてみるとだいぶ赤みがあります。
シラヤマギク

黄葉していたマメ科の葉、なんだろうと思いましたがヤブマメでしょうか。
ヤブマメ

樹木では黄葉するのはよくありますが草紅葉で黄葉するのはあまりないかも。
ヤブマメ

光に透かしてみると黄色が鮮やか。
ヤブマメ

石灰岩の上に伸びていたツタ、これも秋を代表する紅葉、ツル性なのでもう草紅葉とは言えないでしょうが。
ツタ

色んな色あいのが混じっている。
ツタ

鮮やかな赤や黒っぽい赤。
ツタ

これで黄色があったら交通信号(笑)
ツタ

コハウチワカエデも紅葉、カエデの仲間なので当然。
(訂正)コハウチワカエデじゃなくトウカエデのようでした。
コハウチワカエデ

ただ林内にあったのはあまり綺麗に紅葉してなかったような、林縁なので温度の変化が大きいのでしょうか。
コハウチワカエデ

これも赤いのや黒っぽいのや緑が残っているのなど様々。
コハウチワカエデ

綺麗に紅葉するヌルデ、ハゼの仲間なのでこれも当然か、花を付けてない小さな株は割りと見かけましたが平尾台ではまだ花を見つけていない。
ヌルデ

葉軸に翼があるので分かりやすい、鮮やかですね。
ヌルデ

隣り合った葉でも色が随分違う。
ヌルデ

(10月29日撮影)
2023. 11. 24  
日にちが変わりますがまだまだ平尾台の草紅葉が続きます。
個人的には一番好きかなと思うアリノトウグサの草紅葉、草紅葉全般に言えますが秋になっても必ずしも紅葉することもなくここも紅葉と緑の葉が混じっています。
アリノトウグサ

深い紅色、これはちょっとムラがある。
アリノトウグサ

茎も真っ赤っ赤、すぐ側のは葉は緑だが茎は赤くなっている。
アリノトウグサ

葉が小さいせいかあまりムラができることもなく一様に赤くなることが多い。
アリノトウグサ

できれば日当たりのいい場所で撮りたかったがこの日はそのようなのはあまり見かけず。
アリノトウグサ

地面を這うイメージがありますがこのように立ち上がっているのもあります。
アリノトウグサ

あまり赤くないですが多分イヌセンブリの紅葉、ここはを見たのと同じ場所です。
イヌセンブリ

今年は小さな株ばかりだったけどこんなに背の高いのもあったんだ、と言っても30cmくらいですが、こちらは正常にさいたようだけどその後小さな株は花を咲かせたんでしょうか。
イヌセンブリ

だいぶ黒っぽいが僅かに赤みもさしている。
イヌセンブリ

果実も残っていた、これもイヌセンブリとして特に矛盾はなさそう。
イヌセンブリ

イヌタデも紅葉、今までも見ていたと思うけど撮るのは初めてかな。
イヌタデ

緑の葉に虫食いがあると嫌ですが紅葉の頃だと却って侘を感じさせる。
イヌタデ

これは葉の形からしてナガバモミジイチゴ、こんな小さな株でも紅葉するんだ、大きくなった木も紅葉したかな。
ナガバモミジイチゴ

葉だけでなく茎も棘も紅葉
ナガバモミジイチゴ

ムラが殆どないので黒っぽいけどこれはこれで綺麗。
ナガバモミジイチゴ

もう芽生えと言ってもいいような小さな株も紅葉しています、右下のなんて葉が2枚しか無い、葉に残った栄養分を茎や根に吸収して残り滓が赤くなったんだろうか。
ナガバモミジイチゴ

ナガバモミジイチゴと同じ場所にあったこれ、どうやらキジムシロの草紅葉のようです、春に芽生えるから秋までは残ってないけど秋になって芽生えて草紅葉になったんでしょうか。
キジムシロ

(10月29日撮影)
2023. 11. 23  
草紅葉の常連とでも言うべきヤマハッカ
ヤマハッカ

草紅葉は黒っぽい赤のことも多いですがこれは鮮やかな紅色です。
ヤマハッカ

透過光で撮りたかったけど葉が小さいので難しく、萼も綺麗な赤になるんですがこの日はいいのに出会えず。
ヤマハッカ

オミナエシも紅葉していた。
オミナエシ

鮮やかではないけどそれ程黒っぽいこともなく。
オミナエシ

キンミズヒキも紅葉、一部ではまだ赤くなっていないのもあり側の別株は全く赤くなっていないのもあります。
キンミズヒキ

これもなかなか綺麗
キンミズヒキ

反射光でも綺麗ですが透過光だともっと綺麗(上側)
キンミズヒキ

透過光だと鮮やかさが増す。
キンミズヒキ

ヨモギも割りと草紅葉になりやすい。
ヨモギ

葉だけでなく茎も赤い、草紅葉になるとたいていそうですが。
ヨモギ

さすがに個々の葉の頭花は難しいので全体を逆光で。
ヨモギ

オトコヨモギも紅葉
オトコヨモギ

同じ株の中なのに全く紅葉していないのもあります。
オトコヨモギ

これも透過光で、ヨモギより葉が大きいので撮りやすい。
オトコヨモギ

これは初めヨモギかと思っていたが葉を見るとオトコヨモギのようだ、全体が赤。
オトコヨモギ

やや黒みがありますがこれはこれで綺麗。
オトコヨモギ

これは驚いたセイタカアワダチソウの紅葉、下側だけ紅葉、上の方の葉は緑色でまだ花も現役です。
セイタカアワダチソウ

本種の草紅葉はあまり記憶ないかな。
セイタカアワダチソウ

だいぶ黒みが強いけどこれはこれで趣がある。
セイタカアワダチソウ

(10月18日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

10月 | 2023年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プルダウンリスト
QRコード
QR