2023. 11. 01  
この辺りに群生しているナギナタコウジュ、前回の蕾の様子からまだ早いかなと思っていたがもうだいぶ咲いていた、平尾台では初めてだけどだいぶ前から確認していたから感激はいまいち。
ナギナタコウジュ

3,40cmくらいのが多いけど1m暗いのもありました、上の方の花序から咲いてくるみたいで下の方はまだ蕾が多かった。
ナギナタコウジュ

これは花の数は少ないけど薙刀らしい姿。
ナギナタコウジュ

基本的には下の方から咲いてくるみたいだけどあまり順序よくと言った感じもない、緑色のは苞で一つの苞に5つの花を咲かせます。
ナギナタコウジュ

長短2組の雄しべ、極端な違いはない、花粉も出している、花冠に毛が生えているのではなく花弁が細かく裂けているのだとか。
ナギナタコウジュ

これは花の数が少なく薙刀らしくないけどこの方が個々の花が撮りやすい。
ナギナタコウジュ

上側の短い雄しべの間から2裂した柱頭が見えています。
ナギナタコウジュ

これは花盛りの状態
ナギナタコウジュ

雄しべばかり目立つし白い花粉を出しているから余計目立ちます。
ナギナタコウジュ

ここにも2裂した柱頭が見えていた、よく探さないと見つからないくらい目立ちません。
ナギナタコウジュ

こちらは群生地の手前にあった株、高さは1.5mくらいありました、こちらの方を先に撮ったけど今まで気がつかなかったな。
ナギナタコウジュ

こちらは咲き始めだったけど最初に見つけたので夢中になって撮った、花序の中程から咲いてきているような。
ナギナタコウジュ

雌しべは見当たらず。
ナギナタコウジュ

葉の裏はもう穴だらけのような腺点が多数。
ナギナタコウジュ

茎や葉柄に毛が多い、秋吉台ではあまり背が高いのがなくこんな毛は撮ってなかったかな。
ナギナタコウジュ

下の方はやや毛の生え方が薄い。
ナギナタコウジュ

これは群生地からやや離れた山道沿い、前回も通っているけど気がつかなかった、山道で片側ばかり注意していると反対側が見逃すことはよくあります。
ナギナタコウジュ

これはそろそろ終わりの状態、前回の時は既に咲いていたようだ。
ナギナタコウジュ

雄しべがずいぶん長い、だんだん伸びてくるのかな。
ナギナタコウジュ

苞を撮ってなかったので撮影、縁に毛が生えているが表面は無毛。
ナギナタコウジュ

更に離れた場所、ヒメジソが群生していた辺りでも生えていた、ここはまだつぼみ、ここもちょくちょく通っていたけど全く気がつかず、シソ科の葉は似ているから花が咲かないと分からないわ(^^;)
ナギナタコウジュ

シソ科ナギナタコウジュ属

(10月18日撮影)
2023. 11. 01  
林道に咲いていたナワシログミ、平尾台では多くあちこちで見かけます。
ナワシログミ

グミの仲間は区別が難しいけどこれは比較的分かりやすいかな、同じ時期に競合するのはツルグミくらいかな、平尾台にあるかどうかは知らないけど。
ナワシログミ

グミ属なのでこれは花弁じゃなく萼片、まるで錨、右のは開く直前、こちらも可愛い。
ナワシログミ

真下から見ると花冠は4裂
ナワシログミ

雄しべは4本、雌しべはそれより長いが花冠から突き出ることはない。
ナワシログミ

葉の裏は白っぽい、これはグミ属全般に言えるけど、この明るさではさすがにドアップは難しい。
ナワシログミ

グミ科グミ属

(10月18日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

10月 | 2023年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プルダウンリスト
QRコード
QR