2023. 11. 04  
オトコエシがまだ咲いている、この時期咲いていてもたいてい小さな株だがこれはずいぶん大きい。
オトコエシ

赤くなった果実の中に花が咲いている、まだ新鮮。
オトコエシ

オミナエシもまだ咲いていた、これも新鮮な花だけど花序がちょっと変。
オミナエシ

どうやら茎が中程で切られ葉腋から花を咲かせているようです。
オミナエシ

ナンバンギセルもまだ咲いていた、今年何度撮ったことか、10日後来た時もまだ咲いているのがありました。
ナンバンギセル

これは残り花じゃないけどヤマラッキョウ、開花直前のが多かったがこれは蕊が出ているのがある。
ヤマラッキョウ

葯から白い花粉が出てきている。
ヤマラッキョウ
(10月18日撮影)

ミミカキグサもまだ咲いていた、8月18日に見たのと同じ場所、流石にだいぶ減っています、もう湿地とも言えない状態なんですが。
ミミカキグサ

こういう時に限ってよく撮れる。
ミミカキグサ

さすがにもう果実になっている、この形から耳掻草、種子は1個入っているが冬ネタ。
ミミカキグサ

ノリウツギまで咲いていた、もう花はとっくに終わっているんですけどね、新たに咲いてきたもよう。
ノリウツギ
(10月29日撮影)
2023. 11. 04  
いつものコース脇に廃屋がありそこ自体は寄ってなかったので来てみたがやはりありふれた野草ばかり、一番目立ったのがコシロノセンダングサ
コシロノセンダングサ

舌状花5枚の花が普通ですが花弁が違うのも結構あるのでそれを探すのも楽しみ、これは1枚がだいぶ小さい。
コシロノセンダングサ

舌状花の蕊は見当たらないかな。
コシロノセンダングサ

これも1枚が小さけどやはり5枚
コシロノセンダングサ

伸び始めた葯筒がまるでローソク、舌状花の雌しべが見えているがあまり発達していない、痕跡状態か。
コシロノセンダングサ

これも5枚、わかりにくいですが蕊が1本花弁化しています、左の蕾は舌状花が見えているけどこれから伸びてくるのかな。
コシロノセンダングサ

これは5枚の大きさがほぼ揃ってる、ここのは5枚のばかりだった残念。
コシロノセンダングサ

もう果実もなっています、これがあるからあまり動き回れない。
コシロノセンダングサ

舌状花のないコセンダングサも混じって咲いています。
コシロノセンダングサ
(10月18日撮影)

コセンダングサ、アイノコセンダングサ、コシロノセンダングサは最近区別しない方向にあるとか、私も賛成(笑)
まずは舌状花のないコセンダングサ
コセンダングサ

アイノコセンダングサ
アイノコセンダングサ

アイノコセンダングサよりは大きいけどコシロノセンダングサより小さい花、これも結構見かけます。
アイノコセンダングサ

舌状花の大きいコシロノセンダングサ
コシロノセンダングサ

こうやって見ると舌状花の大きさは連続的のような、秋が深まるに連れて舌状花が大きくなるのかな、やはり区別しないでよさそう、今更過去記事訂正しませんが。

キク科センダングサ属
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

10月 | 2023年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プルダウンリスト
QRコード
QR