2023. 11. 08  
ウメバチソウとムラサキセンブリが同じ場所に群生していた、この日はどちらも多く見かけました。
ムラサキセンブリ

草むらの中でも咲いています。
ムラサキセンブリ

こんなに多く咲いていれば探すのは当然5弁以外の花、この中でも6弁のが2つ見えています。
ムラサキセンブリ

6弁のは割りと見かけました。
ムラサキセンブリ

柱頭が2裂した雌性期、子房も紫色、センブリは緑色のが多い。
ムラサキセンブリ

これは花弁の幅が広いのでちょっと豪華に見える。
ムラサキセンブリ

一株に一つだけ咲いていれば6弁でも識別しやすいのですが
ムラサキセンブリ

多数の花を咲かせている中にあると確認しづらい、これで6弁のが3つあります。
ムラサキセンブリ

6弁
ムラサキセンブリ

これも6弁、多数の花を咲かせている方が多弁の確率も高くなるんですけどね。
ムラサキセンブリ

群生地では6弁しか見当たらなかったので別のコース、ここもそこそこ咲いています。
ムラサキセンブリ

7弁のがあった、右は6弁、その下は5弁
ムラサキセンブリ

この日の最高記録、これ一つだけでした。
ムラサキセンブリ

6弁に比べれば4弁は少なかったけど全体の数が多いのでそこそこみつかる、これはどれも4弁
ムラサキセンブリ

柱頭がパックリ割れている、花粉がついているのかな、葯も2室なのがわかります。
ムラサキセンブリ

これも4弁が3つ
ムラサキセンブリ

花弁がちょっと赤っぽい。
ムラサキセンブリ

色が違うのもそこそこあります、右側のは赤っぽいが左のは白っぽい。
ムラサキセンブリ

これはかなり赤っぽい。
ムラサキセンブリ

これも下のはかなり白っぽい、上の端で花弁についているのは虫の卵でしょうか。
ムラサキセンブリ

この日はセンブリはあまり見かけなかった、これは4弁。
センブリ

リンドウ科センブリ属

(10月29日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

10月 | 2023年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プルダウンリスト
QRコード
QR