2023. 11. 11  
平尾台では初めてのコシオガマ、この日の目標の一つだったんですが候補地2ヶ所では見つからずもう諦めていたけど思いがけない場所で見つけました。
コシオガマ

ここは山焼された防火帯のど真ん中、周りはもう真っ黒でした、枯れ草が残っているからここは岩陰で火が通らなかったのでしょうか、それでも熱を浴びているはず。
コシオガマ

本来ならもう花が終わっていてもおかしくないですが熱の影響でまた花を咲かせたんでしょうか、写真だとわかりにくいですが横幅5,6mm、本来の大きさの1/3くらいの大きさです。
コシオガマ

外側に腺毛が多いので山焼きの炭の破片がついてます、内側にはついてないから山焼きの後で咲いたのかな。
コシオガマ

正面から見ると三角形、シオガマギクとは似ても似つかず。
コシオガマ

3つ程咲いていました、どれも小さな花ばかりでした、周りの葉は熱の影響じゃなく元々赤黒くなります。
コシオガマ

長い花柱が残った未熟な果実、これにも腺毛。
コシオガマ

まだ白く長い花柱も残っていました、これも山焼きの後からかな。
コシオガマ

ハマウツボ科コシオガマ属

(10月29日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

10月 | 2023年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プルダウンリスト
QRコード
QR