2024. 02. 15  
古墳旅行に行った序でにセリバオウレンの自生地に寄ってみました、ネタ不足の折2回に分けてアップ。
セリバオウレン
今年はだいぶ早く咲いてきたようで2月上旬では既に終盤の装いでした。
セリバオウレン

最初に見つけた頃に比べると年々少なくなってきているような気もします。
セリバオウレン

雌雄異株だけど雌株はほぼ両性花、これは両性花。
セリバオウレン

両性花は緑色の子房が目立つ。
セリバオウレン

その分華やかさがないように思えます。
セリバオウレン

雄しべの数は少なく、同じ両性花でも雌性が強いのと雄性が強いのがあるような気がします。
セリバオウレン

萼片がちょっぴり赤くなっている。
セリバオウレン

これは雄株、雌雄があるとたいてい雄花の方が早く咲き始めますがここもそうだったでしょうか雄花は少なかった。
セリバオウレン

これも終盤の頃でしょうか。
セリバオウレン

2回3出複葉、3回3出のコセリバオウレンがある。
セリバオウレン

キンポウゲ科オウレン属

(2月8日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

01月 | 2024年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プルダウンリスト
QRコード
QR