2018. 11. 16  
晩秋から初冬を飾るシマカンギク、まだ咲き始めたばかりで開いているのはあまりなかった。
シマカンギク

石灰岩の隙間に生えていて全体の様子がよく分かる。
シマカンギク

頭花の大きさは2,3cm、まだ筒状花の周辺だけ蕊が出ていてほんと咲き始めなのがわかりますが青系統の花が多い野菊に比べて黄色い花はほんと華やかです。
シマカンギク

5裂した筒状花から出た葯筒、色が黄色なのであまり葯筒と言った感じがしません、左の花に糸状に見えているのは花糸でしょうか、舌状花の2裂した柱頭も見えている。
シマカンギク

総苞はやや浅いカップ型、総苞片の縁が膜状になっている。
シマカンギク

ホソバオグルマ(左)がまだ咲いていたので比較してみました、遠目では似ているけど舌状花の形が大分違います。筒状花も中央部が窪むことはなさそうです。
シマカンギク

中裂した葉、表面に細毛が生えているそうで見た目がガサガサした感じです。
シマカンギク

基部に仮托葉がある、仮と仮じゃないのと何が違うんでしょうね。
シマカンギク

キク科キク属

(10月28日撮影)
NEXT Entry
ノコンギク
NEW Topics
お知らせ
ヒメリュウキンカ
カタバミ
ミチタネツケバナ
オランダミミナグサ
オオイヌノフグリ
イヌノフグリ
巨大松ぼっくり
セリバオウレン(その2)
セリバオウレン(その1)
タイリンアオイ・ヒトリシズカ(未熟果実)
ヒメヒオウギ(果実・種子)
アカメガシワ(果実・種子)
ヤブタビラコ(果実)
コヤブタバコ(果後)
アケボノソウ(果実・種子)
ホタルカズラ(果実)
ヤマウグイスカグラ(果実)
ノダフジ・カゴノキ(競合)
チシャノキツボミフクレフシ
Entry TAG
秋吉台  
Comment
おはよううございます
キク科は勉強しましたが、実際に野菊は多いので
今のところセンダングサ属はわかるものの、他はこれからです。
シマカンギクとホソバオグルマは並べ比べますと区物出来そうですが実際には^^;
でも、だいぶキク科に尻込みしませんからね(^^)/
3枚目、新鮮で綺麗なお花ですね。
メロンさんへ
キク科は基本がわかれば問題ないと思うけどキク属は厄介かもね(^^;)
これだって野菊のシオン属とどう違うんだと思う。
シマカンギクが咲く頃はホソバオグルマはまず終わっているのですがこれは直ぐ側に咲いていたので比較してみました。
こうやって並べると違いがよくわかりますが別々に見ると区別しづらいかも。
同じ時期に咲くことはまずないし葉はぜんぜん違うけどね。
明日もキクだぞ(笑)
No title
シマカンギクは見たことがあるような、ないような。。。
奇麗な黄色ですね。葉は見た目がガサガサ。。
黄色は暖かく感じますね。
komakusa3tさんへ
やはり黄色い花は華やかですね。
黄色は人間のじゃなく昆虫の為なんですけどね。
この時期ヤクシソウやアキノキリンソウなどキク科の黄色い花は多いですね。
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

01月 | 2024年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プルダウンリスト
QRコード
QR