2019. 06. 26  
今年は少なかったオオハンゲ、写真に写っている範囲にしかなかった、何時も生えている側の岩の上は全く見られず。斑紋のある葉はミズヒキ。
オオハンゲ

花が咲いているのも一つだけだった、右下にまだ展開前の葉が見えています。
オオハンゲ

サトイモ科の仏炎苞、まさしく柄杓、カラスビシャクの漢方名がハンゲ、それより大きいのでオオハンゲ。カラスビシャクは今年も見つけられなかった。
オオハンゲ

仏炎苞の縁は波打っている、先端が付属体を抱え込んでいる。
オオハンゲ

蕾もありました、既に長い付属体が伸びている。この役割はなんでしょうね。
オオハンゲ

これでも1枚の葉、3小葉に見えますが基部が分離しておらず深裂というのが正解。側脈が葉の縁に達しておらず縁取りされているように見えます。
オオハンゲ

葉の上に落ちていた黄色い花はハマクサギ、ここに咲いているのは知らなかったけど上を見上げても見当たらず。
オオハンゲ

サトイモ科ハンゲ属

(6月17日撮影)
NEXT Entry
ハイハマボッス
NEW Topics
お知らせ
キランソウ
オオジシバリ
キブサズイセン
ノジスミレ
クサイチゴ
キュウリグサ
ヒメウズ
ツクシ
フキ
ヒメリュウキンカ
カタバミ
ミチタネツケバナ
オランダミミナグサ
オオイヌノフグリ
イヌノフグリ
巨大松ぼっくり
セリバオウレン(その2)
セリバオウレン(その1)
タイリンアオイ・ヒトリシズカ(未熟果実)
Entry TAG
秋吉台  
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

02月 | 2024年03月 | 04月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR