2020. 03. 23  
古墳旅行の帰り、時間があったのでセリバオウレンが咲いている公園に寄ってみました。もう花は終わっているだろうけど果実を見るのもいいかなと。確かに殆ど果実になっていたけど幸いなことにまだ咲いている状態の花がありました、左が雄花で右が両性花。
セリバオウレン

膨らんだ子房が見えて雄しべもあるからこれは両性花、緑色の子房が視覚的に邪魔をしてセリバオウレンの可憐さがない。
セリバオウレン

周りに長く伸びているのが5枚の萼片で短いのが花弁でこちらは10枚。
セリバオウレン

子房が大分膨らんできている。
セリバオウレン

萼片花弁雄しべ子房が重餅状態、違いがよく分かる。雄しべがあまり伸びてないし約も開いていないようだから性格的には雌花に近いかもしれない。
セリバオウレン

これは雄花、子房が無い分、可憐さがありますね。
セリバオウレン

まだ結構残っていました、花粉を出しているのもあったけどもう相手がいないだろうな。
セリバオウレン

この状態のが見られただけでもラッキーでした。
セリバオウレン

中央部に赤く見えているのは雌しべの痕跡でしょうか。
セリバオウレン

雄花と両性花。
セリバオウレン

キンポウゲ科オウレン属

(3月18日撮影)
NEXT Entry
セリバオウレン(果実・種子)
NEW Topics
コタチツボスミレ
アリアケスミレ
ヤブニンジン
セイタカアワダチソウ(季節外れ)
カラスノエンドウ(白花)
シロバナマンテマ
シラユキゲシ(その2)
アケビ
サクラ(ソメイヨシノ)
ウメ
ヤブヘビイチゴ
ヤマネコノメソウ
ヒサカキ
オニシバリ(雌花)
キビシロタンポポ(レモン色)
ユリワサビ(その2)
ニオイタチツボスミレ
ヒトリシズカ
ナガバモミジイチゴ
ヤマウグイスカグラ
Comment
こんにちは
セリバオウレンは本当に見栄えの良い花ですね。当地では野草園などで見られますが、やはり野山で自生を見てみたいものです。
多摩NTの住人さんへ
林床に一面に咲く様子はほんと春の妖精です。
こういうのはやはり自生を見てみたいですよね。
初めて見つけた時はやはり果実期でなんだろうと思いました。
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

03月 | 2024年04月 | 05月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR