2020. 08. 15  
雌雄異花のカンコノキ、枝の上部に雌花、下部に雄花をつけます、すぐ隣り合っているが同じ花序の中に混在することはなさそう、雄花は花柄が長く雌花は短い。
カンコノキ

花弁はなく6枚の萼片、大小がある。花被片が6枚の場合種を超えて大抵大小がありますが何か利点があるんでしょうか。
カンコノキ

小さな雄しべが突き出ているがまだバラけていないようで花粉も出ていない。
カンコノキ

こちらは雌花、萼片は小さく白く出ているのが雌しべ。
カンコノキ

雌しべは6本だか6裂しているかな。
カンコノキ

艶がある全縁の葉。
カンコノキ

最後は恒例の記念撮影(笑)、このコースは大きな木がなく木陰があるのはここくらい、でも山道がないからわざわざ来る人はいないと思いますが。
カンコノキ

コミカンソウ科カンコノキ属

(8月2日撮影)
NEXT Entry
ヒキオコシ
NEW Topics
カラスノゴマ
ヒナノキンチャク
ツルリンドウ
ヤマジノホトトギスその2
ヒメキンミズヒキ
キンミズヒキ
エノキグサ
草紅葉(ヒメミソハギ)
サクラタデ
イタドリ
マメアサガオ
マルバルコウ
イヌコウジュ
マツカゼソウ
メドハギ
ヤハズソウ
ヘラオモダカその2
ツルボ
マコモ
ノアズキ
Entry TAG
秋吉台  
Comment
No title
カンコノキ初めて聞く名前です。
木ですよね。
二枚目の写真で見ると可愛いですね。
色も控えめで好みです。
広い大地を独り占めですね。
komakusa3tさんへ
木です、かなりごっつい木です。
その割に花は小さく地味です。
台地の上では木陰になるような木がないのでこれが山道沿いに生えていたら助かるんですけどね。
こんにちは
全くミカンソウ科とは思えず、、それに最後の風景の木!
山道はないのでしょう、どれほど大変な撮影なのでしょう。
そこからの検索。
小石川植物園にあるのだわ! 
と一昨年の過去暦を見ましたら、同じことをいろいろと書いてました(^^)
果実も興味ありますね。
メロンさんへ
ちょっと誤解されたかもしれませんがこの近くまで山道は通っています、殆ど踏み分け道ですが(^^;)
山道から外れること50mくらいでしょうか、通りにくいには違いないですが。
ミカンソウ科じゃなくコミカンソウ科、と思ったけどミカンソウ科と書かれているのも結構ありますね、混乱してきたぞ(^^;)
ただどちらにしろコミカンソウの仲間だとはとても思えいない。
実はすぐ近くの公園にも生えているのです、花の時期はヤブ蚊が酷いだろうから行かないけどそこで果実を見ています。
ミニカボチャのようでこれも可愛い。
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング
ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

08月 | 2020年09月 | 10月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

プルダウンリスト
QRコード
QR