2020. 10. 18  
メナモミより一足遅く咲いてくるコメナモミ、舗装の隙間に生えています。周りは土が露出した場所だけど他の野草に占められているのでこんなとこに生えるしか無いか。
コメナモミ

メナモミに比べて全般に低いけどメナモミだって背が低いのがあるし高さだけでは区別できません、背後に赤く見えているのはヒガンバナ。
コメナモミ

黄色い頭花、腺毛をつけた総苞片はメナモミソックリ、頭花だけでは区別困難です。
コメナモミ

茎に毛が少ない、メナモミはふさふさなので区別は容易です。
コメナモミ

3裂した舌状花と5裂した筒状花、筒状花からは短い褐色の葯筒から2裂した柱頭が出ている、舌状花は雌性で雌しべも出ているが筒状花のより長く柱頭も大きく開いている。
コメナモミ

こちらは筒状花からまだ雌しべが出ていないけど舌状花の雌しべが長いのがわかります、外側ではなく内側に伸びている。
コメナモミ

総苞片には大きな腺毛、これも魅力です。果実がくっつき虫になるのは分かるけど花の時にはどんな役割があるんでしょうか。
コメナモミ

舌状花の鱗片にも大きな腺毛がビッシリ、こちらは虫よけかな。内側の筒状花鱗片には腺毛がありません。
コメナモミ

花柄に伏毛が生えている、メナモミには腺毛があるそうだがこちらにはない。
コメナモミ

葉は卵状三角形、葉柄に向かって翼が流れる。
コメナモミ

キク科メナモミ属

(10月4日撮影)
NEXT Entry
ヤノネグサ
NEW Topics
セイタカアワダチソウ
キキョウ(二重)
ウメバチソウ
ヒメヒゴタイ
センブリ
ムラサキセンブリ
ホトトギス
ナギナタコウジュ
チャノキ
イヌセンブリ
アキノウナギツカミ
ヤブツルアズキ
メハジキその2
カナムグラ
ヘラオモダカその3
チョウジタデ(紅葉)
レモンエゴマ
ミゾソバ
タウコギ
ルコウソウ
Entry TAG
秋吉台  
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング
ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

09月 | 2020年10月 | 11月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

プルダウンリスト
QRコード
QR