2021. 04. 19  
舗装の隙間に生えていたアレチノギク、これで背丈20cm程、オオアレチノギクに比べてずいぶん低い。まだ一度しか撮ってなかったので意識していました。
アレチノギク

総苞は樽形、大きさは5mm程、総苞片先端が赤くなっている、花自体はオオアレチノギクに比べて大きい。
アレチノギク

周辺部に雌性花、中央部に両性の筒状花とキク科の一般的な構造をしている、舌状花はあるそうだが小さく目立たないそうです。
アレチノギク

周辺の雌性化は随分多い、両性花の花弁も見えている。
アレチノギク

黄色い葯筒から花粉が押し出されている。
アレチノギク

披針形の葉、下部の葉には鋸歯がある、上部の葉は強く捩れるそうです。
アレチノギク

茎には開出毛と短毛が生える。
アレチノギク

こちらは別の場所、この日はこの2ヶ所だけ、最近は勢いが衰えつつあるそうです。
アレチノギク

茎は30cm程度しか伸びず上部で枝分かれして多数の頭花をつける。
アレチノギク

舌状花の2烈した柱頭、葯筒から伸びているのが筒状花の柱頭でしょうか、舌状花のに比べてやや太いような。
アレチノギク

こちらも筒状花の柱頭が幾つか見えていますがやはり舌状花のより太そう。
アレチノギク

キク科ムカシヨモギ属

(3月31日撮影)
NEXT Entry
ハマエンドウ
NEW Topics
ナガトカンアオイ
タニギキョウ
オオアリドオシ
ヒメナベワリ
ジュズネノキ
ギンリョウソウ
チャルメルソウ
キシツツジ
シュンラン
エビネ
キエビネ
フデリンドウ
サンヨウアオイ
サツマイナモリ
マルバアオダモ
ハイノキ
長門峡
帝釈峡の花色々
ハルトラノオ
ラショウモンカズラ
Entry TAG
自宅付近  
Comment
こんにちは
最初の場所のアレチノギクは萼縁が紅色でどれも可愛いらしい。
この、アレチノギクほどではありませんが、
昔に、可愛らしいのは撮ってるはず(^^)/

私も数週間前に地味なのを近所の空き地で撮りました。
撮っている時は低い草で倒れていてなんだか分からず撮影して。
帰宅後、、ニッコリでした。

3枚目は、洋裁のピンクッション、フェルトの針山のようでフワフワですね。
メロンさんへ
今までなんで撮らなかったのかと思うほど(^^;)
でも減っているのなら致し方ないか。
フェルトの針山ですか、なる程、さすがにそちらの方は思いつかないわ(^^;)

本日帰ってきました、古墳は1日だけであとは花三昧の日々(^^)
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング
ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

04月 | 2021年05月 | 06月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

プルダウンリスト
QRコード
QR