2021. 08. 24  
ナンバンギセルがもう咲いていた、ちょっと気まぐれで寄り道して思わぬ幸運に出会いました。
ナンバンギセル

根本はほぼ同じ場所から出ていますが花の向きはバラバラ、同じ方向に向くこともあり花の向きは気紛れのようです。
ナンバンギセル

淡褐色の萼筒から大きな花筒が突き出る、養分は他所から取り放題だから栄養を花につぎ込めます、取り放題と書いたけど寄生されたススキが枯れることはなさそうです。
ナンバンギセル

花筒は一部白くグラーデーションがかかっていっそう綺麗。
ナンバンギセル

花冠は浅く5裂、これもとても綺麗、奥に不気味なのが見えているけど。
ナンバンギセル

まるでキノコのような大きな柱頭、周りに葯が見えていますがこれも大きい、赤い花弁を透かして撮っているのでホワイトバランスが狂ってます。
ナンバンギセル

花弁がミノムシに食われているのがありました、どうやってここまでやってきた。
ナンバンギセル

もう少し食べてくれれば柱頭が見えたんですけどね、外来の寄生蜂が侵入して数を大きく減らしているそうなのでここはそっとしておきました。
ナンバンギセル

ハマウツボ科ナンバンギセル属

(8月19日撮影)
NEXT Entry
アイノゲシ
NEW Topics
ヒメリュウキンカ
カタバミ
ミチタネツケバナ
オランダミミナグサ
オオイヌノフグリ
イヌノフグリ
巨大松ぼっくり
セリバオウレン(その2)
セリバオウレン(その1)
タイリンアオイ・ヒトリシズカ(未熟果実)
ヒメヒオウギ(果実・種子)
お知らせ
アカメガシワ(果実・種子)
ヤブタビラコ(果実)
コヤブタバコ(果後)
アケボノソウ(果実・種子)
ホタルカズラ(果実)
ヤマウグイスカグラ(果実)
ノダフジ・カゴノキ(競合)
チシャノキツボミフクレフシ
Entry TAG
秋吉台  
Comment
No title
ナンバンギセルの花の向きは気紛れのようですね。
家のはふふふ同じ向きに並んでします。
家のナンバンギセルは6月に咲くとブログに書いたのですが間違いでした。過去ブログを見たら8月下旬から
九月でした。いい加減ですね。。。。
家のも穴が開いていますがミノムシではないようです・
ちいさな棒のような物でミノムシと分かるのでしょうか
家のは茎までもピンクですがここでは
色がちはいます。種類があるのでしょうか?
komakusa3tさんへ
藪際に生えてくるのは明るい方向に向かうことが多い気がしますがこれはあまり関係ないようです。
さすがに6月に咲くのは早すぎる気がしますね。
でも植物のことだから可能性が無いとは言えませんが。
他の植物でも葉程ではないですが花弁が食べられていることもありますね。
オオナンバンギセルというのがありますが検索してみると萼がピンク色を帯びることがあるようですが茎は白いようです。
検索してそちらの花と比較してみてください。
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

01月 | 2024年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プルダウンリスト
QRコード
QR