2021. 10. 24  
これも晩秋を飾るシュウメイギク、改良されて様々なタイプがありますが古代中国から入ったのは赤紫色の八重だったそうでこれもそう、そういう意味では元の状態に近く野生と言っていいでしょうか。
シュウメイギク

キクと名がついているし菊のようにも見えますがキク科ではなくキンポウゲ科。
シュウメイギク

蕊を見るとキク科でないのが分かります、中央の半球状のが多数の雌しべ。
シュウメイギク

白く見えているのが柱頭。
シュウメイギク

キンポウゲ科なので花弁のように見えているのは全て萼片、でも一番後ろ側のは緑色でいかにも萼片のように見えます。
シュウメイギク

でも緑色になってないのもあります。
シュウメイギ<br />ク

これは完全に葉っぱに変化しています、萼や花弁は進化によって葉が変化したものだからこれは先祖返りと言っていいでしょうか。
シュウメイギク

葉は3出複葉、小葉は3-5浅裂、中裂する。
シュウメイギク

キンポウゲ科シュウメイギク属

(10月16日撮影)
NEXT Entry
シマカンギク
NEW Topics
お知らせ
オカダイコン(果実)
コヤブタバコ(果実)
コシオガマ(果実・種子)
ヒメシオン(果実)
ヒオウギ(果実・種子)
ツルリンドウ(果実・種子)
コマユミ(紅葉)
ツルアリドオシ(果実・種子)
フウセンカズラ(果実・種子)
ダイコンソウ(果実)
テイカカズラ(果実・種子)
シロザ(果実・種子)
オトコオミナエシ(果実)
マキエハギ(果実)
ヒメジソ(果実)
ヤマコウバシ(紅葉・果実・種子)
マルバノホロシ(果実)
トキリマメ(果実・種子)
カマツカ(果実・種子)
Entry TAG
秋吉台  
Comment
こんにちは
シュウメイギクはこの八重の赤紫色のものを探してしまいます。もちろん自生ではありませんが、見ると嬉しいですね。
No title
シュウメイギクは庭で咲いていますがたぶん園芸種。
もっと華やかで、花びらのはばがあります。
古代中国から入ったのは赤紫色の八重。。そうなんですね
白花は日本で生まれ。。
No title
 この色のシュウメイギクを何故か庭で見るようになりました。
 近所で見るシュウメイギクと言われるのが白く一重なので
庭のは変わり者と思っていました。
 こちらが本家なんですね。
多摩NTの住人さんへ
そちらではこのタイプのは見かけませんか。
こちらでは山野で見かけるのはまずこのタイプ、
それを考えてもやはりこれが最初に入ってきたタイプでしょうか。
komakusa3tさんへ
園芸種となるとやはり華やかでしょうね。
白花は日本生まれじゃなく日本で改良されたんでしょうか。
散輪坊さんへ
植えた記憶のないのが庭に生えてきましたか。
先祖返りにしてもいきなりということはないでしょうからどこかから種が飛んできたんでしょうか。
本家であることを自慢しましょう(笑)
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング
ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

11月 | 2021年12月 | 01月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プルダウンリスト
QRコード
QR