2021. 11. 07  
思いがけずキチジョウソウが咲いていた、普通早くても10月下旬、私的には11月の花です。
キチジョウソウ

穂状花序、最先端のだけ蕾だったが他は全て開いていました、蕾の下部に見えているのは苞です。
キチジョウソウ

雄花と両性花があり上の方には雄花をつけます、6本の御しべが見えていますが雌しべは見当たりません。
キチジョウソウ

下の方に両性花、これは雄しべが7本あるような、雌しべも2本あるように見えるけどハッキリしません。
キチジョウソウ

花柱は普通赤くなるけどこれは周りの花糸と変わりなし、柱頭がやや膨らみ微突起があるようです。
キチジョウソウ

中間辺りの花は雄花でした。
キチジョウソウ

少し小さな株もありました、これも先端だけ蕾で他は開いている。
キチジョウソウ

最下部の花、雌しべがわかりにくいけど雌しべがあるようなので両性花のようです。
キチジョウソウ

蕾だけのもありました。
キチジョウソウ
(10月18日撮影)

12日後もう一度来てみました、1枚目と同じ株ですが見た目は変わりなし。
キチジョウソウ

一番下の花、花弁がより強く反り返っているような。
キチジョウソウ

4枚目と同じ花、やはり雄しべは多そう、雌しべは1本かな。
キチジョウソウ

蕾だった最先端の花も咲いていました、当然雄花。
キチジョウソウ

蕾だけだったは花序も花を開き始めていました、下から咲いていくようです。ここは他にも何株もあるのですが他は全く花茎が全く見られませんでした、花を咲かせないのか、これからもっと寒くなると花を咲かせるのか。
キチジョウソウ
(10月30日撮影)

キジカクシ科キチジョウソウ属
NEXT Entry
セイタカアワダチソウ
NEW Topics
お知らせ
ヒメリュウキンカ
カタバミ
ミチタネツケバナ
オランダミミナグサ
オオイヌノフグリ
イヌノフグリ
巨大松ぼっくり
セリバオウレン(その2)
セリバオウレン(その1)
タイリンアオイ・ヒトリシズカ(未熟果実)
ヒメヒオウギ(果実・種子)
アカメガシワ(果実・種子)
ヤブタビラコ(果実)
コヤブタバコ(果後)
アケボノソウ(果実・種子)
ホタルカズラ(果実)
ヤマウグイスカグラ(果実)
ノダフジ・カゴノキ(競合)
チシャノキツボミフクレフシ
Entry TAG
秋吉台  
Comment
No title
 毎回珍しい花を楽しませて貰っています。
散輪坊さんへ
これは野生のは少ないかなと思いますが通販などで売られているみたいですね。
花自体も可愛いですがやはり名前もいいんでしょうか。
こんにちは
確かに花期は11~12月のイメージですが、今年、高尾山では10月初旬に咲いていました。果実は茎の下部に出来ますね。
多摩NTの住人さんへ
以前はこれが見られれば秋吉台の花も終わり、だったのですが。
ネットで見ると9月頃から咲いているのも見かけるのでちょっと早くチェックするようになりました。
果実はいつ頃なるんでしょうね、12月以降ではもう行くことないですからね。
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

01月 | 2024年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プルダウンリスト
QRコード
QR