2022. 06. 19  
気紛れで入ってみた脇道に咲いていたこの花、フシグロに似ていますがどうやらヒメケフシグロのようです。夏場に咲くフシグロより一足早く4-6月に咲きます。
ヒメケフシグロ

この辺りにたくさん咲いていました、茎に毛が生えているのがわかります。フシグロにも毛が生えているケフシグロがありますがヒメケフシグロで検索しても殆ど出てきませんでした。
ヒメケフシグロ

ただ時期としては少し遅く果実になっている方が多かった。
ヒメケフシグロ

葉腋から短い花柄を伸ばして横向きに花を咲かせる、果実期には上向きになる。
ヒメケフシグロ

萼筒や花柄は無毛、多少毛が生えているのもありました、花の大きさはフシグロと特に変わりないような。
ヒメケフシグロ

花の大きさは5,6mm、花弁は5枚で2浅裂している。
ヒメケフシグロ

花弁中間部に肋がありそこで折れ曲がる、ナデシコ科で見られる特徴。
ヒメケフシグロ

雄しべが見えていますが雌しべは見当たらず、ナデシコ科なので雄性先熟ですが
ヒメケフシグロ

麦粒のような雄しべの葯、やはり雌しべは見当たらず、花期の終わりなら雌性期の花があってもおかしくないけど結局見当たらず。
ヒメケフシグロ

葉は対生で線状披針形~披針形
ヒメケフシグロ

フシが黒いから節黒、これは赤いですが、線形のは苞なんでしょうか。
ヒメケフシグロ

毛拡大、下向きのようです。
ヒメケフシグロ

ナデシコ科マンテマ属

(6月10日撮影)
NEXT Entry
ノハラテンツキ
NEW Topics
キブサズイセン
ノジスミレ
クサイチゴ
キュウリグサ
ヒメウズ
ツクシ
フキ
ヒメリュウキンカ
カタバミ
ミチタネツケバナ
オランダミミナグサ
オオイヌノフグリ
イヌノフグリ
巨大松ぼっくり
セリバオウレン(その2)
セリバオウレン(その1)
タイリンアオイ・ヒトリシズカ(未熟果実)
ヒメヒオウギ(果実・種子)
お知らせ
アカメガシワ(果実・種子)
Entry TAG
平尾台  
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

02月 | 2024年03月 | 04月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR