2023. 04. 28  
林道を歩いていて見上げるとカエデ属の新葉が広がっていた。
ウリハダカエデ

花序や葉が浅く3裂する様子からどうやらウリハダカエデのようです。
ウリハダカエデ

右側が幹、これは緑色になってないが細い枝先は多少緑色になっています。
ウリハダカエデ

葉と花が同じ場所から出ている、赤くなった鱗芽がとてもきれいでした。
ウリハダカエデ

雌雄異株でこれは雄花、花弁と萼片はどちらも透明感のある緑色。
ウリハダカエデ

葉は浅く3-5裂し重鋸歯がある、よく似たウリカエデは殆ど裂けない。
ウリハダカエデ

若葉を透かしてみてみました、これもこの時期の楽しみ。
ウリハダカエデ

こちらは台地上の林縁、なにか花が咲いているようなので近寄ってみましたが
ウリハダカエデ

どうもこれもウリハダカエデのようです、こちらは鱗芽があまり赤くない、左上に展開した葉が浅く3裂しています。
ウリハダカエデ

まるで怪物が何かを吐き出したよう、葉は殆ど展開していませんが花は既に開いています。
ウリハダカエデ

これも雄花でした、雄しべは8本、奥に見えているのは花盤でしょうか、花弁と萼片はほぼ同型同大、花弁の方が内側にあるのがわかります。
ウリハダカエデ

雌しべの痕跡があるようです、これも蜜が僅かに出ているかな。
ウリハダカエデ
(4月11日撮影)

2週間後同じ場所を通ると前回見ていた雄株の側に雌株がありました、雄株は花序が垂れ下がっているのがわかります。
ウリハダカエデ(雌花)

雄花序に比べて雌花序はあまり垂れ下がらないようです、それで見逃したか、そういうことにしよう(汗)
ウリハダカエデ(雌花)

もう花期から果期に以降中、羽が伸び始めています、2週間前だったら花の時期だったろうにますます残念。
ウリハダカエデ(雌花)

まだ2裂した柱頭が残っているのもありました、柱頭に毛が生えているようです。
ウリハダカエデ(雌花)

羽にも毛が生えている、子房に毛がある植物はままありますがこれもその名残でしょうか、飛ぶには必要ないからすぐになくなるんでしょうね。
ウリハダカエデ(雌花)
(4月24日撮影)

ムクロジ科カエデ属
NEXT Entry
ヤマウグイスカグラ
NEW Topics
お知らせ
ツクシ
フキ
ヒメリュウキンカ
カタバミ
ミチタネツケバナ
オランダミミナグサ
オオイヌノフグリ
イヌノフグリ
巨大松ぼっくり
セリバオウレン(その2)
セリバオウレン(その1)
タイリンアオイ・ヒトリシズカ(未熟果実)
ヒメヒオウギ(果実・種子)
アカメガシワ(果実・種子)
ヤブタビラコ(果実)
コヤブタバコ(果後)
アケボノソウ(果実・種子)
ホタルカズラ(果実)
ヤマウグイスカグラ(果実)
Entry TAG
平尾台  
Comment
こんばんは♪
お山歩の際に葉っぱを目にしたことがあるような(゚o゚
11枚目は萼片の色に違いがないので花弁が10弁の お花みたいですね(*゚∀゚*)
12枚目は花盤が濡れたように見えるので きっと蜜が出ているのだと思います(*^◯^*)
ぴぱぴぱさんへ
イロハカエデの葉とはだいぶ違いますね。
萼片と花弁は殆ど違いがないですね。
植物によって萼片がメインになったり花弁がメインだったりといろいろ(^^)
蜜は出ている、きっと出ている、念ずれば出ているヾ(^^;)
多分出ているかなと思います(^^)
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

01月 | 2024年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プルダウンリスト
QRコード
QR