2008. 10. 17  
まだ捕まえたばかりでコガネムシの方はじたばたしていました。蜘蛛の方も羽をつかんだだけで大きさに四苦八苦している模様。

コガネムシと蜘蛛

イシカゲチョウが変な羽ばたきをしていると思ったらハラビロカマキリにつかまったところでした。
どちらも自然の摂理、一方が悪いとか一方が可哀相と思わないで静かに見守っているだけにしています。

イシカゲチョウとハラビロカマキリ

(10月6日撮影)
NEXT Entry
アキノミチヤナギ
NEW Topics
オオジシバリ
キブサズイセン
ノジスミレ
クサイチゴ
キュウリグサ
ヒメウズ
ツクシ
フキ
ヒメリュウキンカ
カタバミ
ミチタネツケバナ
オランダミミナグサ
オオイヌノフグリ
イヌノフグリ
巨大松ぼっくり
セリバオウレン(その2)
セリバオウレン(その1)
タイリンアオイ・ヒトリシズカ(未熟果実)
ヒメヒオウギ(果実・種子)
お知らせ
Comment
「どうせならもっと柔らかいものが掛かってくれればいいものを。このっ このっ」
静観してられなくて、思わず蜘蛛の気持ちになってみました(^^;)☆\

虫さん達も食欲の秋ですね。
amyさんへ
この大きさなら一週間分の食料だと蜘蛛の方も必死になっていたかも(^^;)

蜘蛛の巣に虫が引っかかっているのをよく見かけますね。
それなりに昆虫の数を制御する役割があるんだろうけど
主のいない巣に引っかかっているとなんか無駄死にと言った感じ(^^;)
イシカゲチョウ!
これはあの美しい模様の翅を持つチョウですよね
何だか勿体ない気がしますが 自然の摂理だからしょうがないですね

この綺麗な蜘蛛も 一生懸命ですね
でもなんだかユーモラス
yuukoさんへ
イシガケチョウはアップしているので検索してみてみて下さい。

食べる方も食べられる方も自然の一員、肉食性の昆虫や蜘蛛がいなくなれば他の昆虫が増えすぎ今度は植物が大きな影響を受けますからね。
今鹿の食害が問題となっていますがこれも肉食獣のオオカミがいなくなったのも一因かと思っています。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

02月 | 2024年03月 | 04月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR