2008. 10. 22  
海岸の背の高い草にからみついて咲いていた。初めは花弁の散った萼片かと思ったよ。

ゴキヅル

雌雄異花でこれは雄花。右側のはまだ未成熟な状態かな。

ゴキヅル

花弁が10枚のように見えるけど半分は萼片、同じ大きさ同じ色をしているけどよく見ると萼片の方が外側になっている。

ゴキヅル

雌花??、単に雄しべが取れただけかも。

ゴキヅル

細長い三角状の葉。

ゴキヅル

ウリ科ゴキヅル属

(10月16日撮影)
NEXT Entry
ホシホウジャク
NEW Topics
コタチツボスミレ
アリアケスミレ
ヤブニンジン
セイタカアワダチソウ(季節外れ)
カラスノエンドウ(白花)
シロバナマンテマ
シラユキゲシ(その2)
アケビ
サクラ(ソメイヨシノ)
ウメ
ヤブヘビイチゴ
ヤマネコノメソウ
ヒサカキ
オニシバリ(雌花)
キビシロタンポポ(レモン色)
ユリワサビ(その2)
ニオイタチツボスミレ
ヒトリシズカ
ナガバモミジイチゴ
ヤマウグイスカグラ
Entry TAG
海岸  
Comment
才ノヽ∋―(^o^)/
平家蟹さんの撮ったゴキヅルは花のカタチがはっきりですね。
こんな風に私のカメラも写ってくれないかな~とカメラのせいにする(*^-^*)ゞ
花びらとガクがベツモノに写ってます。よくわかりました。
それに色も光もきれい、男の人が撮った写真だな~って思いました。
ちゃんと必要なところがきれいに撮れてるもの!
pandaさんへ
えーっ、男女で写し方が違うというか違いが分かるんですか(^^;)
この日は絶好の晴天でバッチリ撮れましたよ。
撮影に夢中になってアメリカセンダングサの種がたっぷりついたけどね(^^;)
私は、逆のパターンに反応してしまったことがあります。
花後の萼片をみて、花だと思って写真を撮ってしまう。。。

花弁と萼片の違い
「花弁には、萼片がついてるけど、萼片は、花弁がなく萼片だけ」
わかりました。(^_^)

写真で見ると、花弁の後に萼片があるのがよくわかりますね。
同じような色で形も似てるから説明がないと見逃してしまいそうですが。σ(^_^;

実も変わってますね。蓋つきってところが、スベリヒユの実を思い出しました。
久美さんへ
これくらい大きいと萼と花弁の違いはよく見れば分かるけど
タデ科のような小さな花だと知ってないとまず分からない(^^;)
萼片を花弁代わりに使うのは萼の方が丈夫なせいかなと素人考え(^^ゞ
実際花弁は散っても萼片が残っていることが多いですからね。

スベリヒユも同じ蓋果ですね。あの頃は蓋付きの実を見たくてスベリヒユを探したけどゴキヅルまで見られるとは思わなかった(^^ゞ
ちなみにオオバコも蓋果です。
(まだかな~(笑)ヾ(^^;))
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

03月 | 2024年04月 | 05月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR