2009. 11. 01  
初めて見かけたコウヤボウキ、遠目で見つけたときはオケラかと思ったよ。

コウヤボウキ

筒状花が幾つも集まった頭花。白いのは花弁で茶色いのが蕊でしょうか。

コウヤボウキ

卵形の葉。これでも草でなく小低木だそうだ。

コウヤボウキ

ガガンボが蜜を吸っていた。口吻が足と同じくらい長いのね。

コウヤボウキ

キク科コウヤボウキ属

(10月12日撮影)
NEXT Entry
ラッキョウ
NEW Topics
お知らせ
オオジシバリ
キブサズイセン
ノジスミレ
クサイチゴ
キュウリグサ
ヒメウズ
ツクシ
フキ
ヒメリュウキンカ
カタバミ
ミチタネツケバナ
オランダミミナグサ
オオイヌノフグリ
イヌノフグリ
巨大松ぼっくり
セリバオウレン(その2)
セリバオウレン(その1)
タイリンアオイ・ヒトリシズカ(未熟果実)
ヒメヒオウギ(果実・種子)
Entry TAG
岡山県  
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
どんな場所で咲いていたのでしょう?

私は、万葉植物園で咲いているのを見ました。
残念ながら、1つしか咲いてませんでしたが。
繊細な感じの花ですね。
茶色いのは蕊ですか。私が見たのは、藤色っぽい感じでした。
花弁の先がちょっとカールしてるのが、可愛いです。

一応写真も撮ったんですが、うまく撮れてませんでした。
万葉名は、玉箒(たまばはき)というそうですね。
いつか、自生してるのを見られたらいいけど。。
久美さんへ
トイレの裏ヾ(^^;)ヾ(^^;)
実は湿地を廻っている内に自然現象を催して確か堤の蕎麦にトイレがあったよなと思って入り口を探して裏に回ったら咲いていた。
サラシナショウマも同じ場所。もしこのことが無かったら気がつかなかった可能性大(^^;)

それはともかく場所としては湿地ではなくそれ程乾燥した場所でもなく下草に混じって咲いていました。
茶色いのは鞘のように見えるので多分蕊かなと思う程度。
とにかく落ち着かなくてあまり写真を撮ってなかった。
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

02月 | 2024年03月 | 04月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR