2013. 06. 06  
この場所では見ていたが花はタイミングが合わずなかなか見られず、やっと見ることが出来ました。

ツルウメモドキ(雌花)

望遠で撮っても雌花だとは分かりますが

ツルウメモドキ(雌花)

我慢できず手を伸ばして引き寄せて撮影。伸びた花柱に痕跡状の雄しべ、反り返った花弁の様子が分かります。

ツルウメモドキ(雌花)

正面から、柱頭が三裂。

ツルウメモドキ(雌花)

雌雄異株でこちらは後日撮った雄株。

ツルウメモドキ(雄花)

5本の雄しべと葯がはっきり、中にいるのはアリのようだ。

ツルウメモドキ(雄花)

中央に雌しべの痕跡も見えています。

ツルウメモドキ(雄花)

こちらは別の雄花

ツルウメモドキ(雄花)

花柱が多少長いような

ツルウメモドキ(雄花)

でも同じ花序の中に花柱が伸びて子房が膨らんだのもある。ひょっとして両性花があるのかな。それとも前日マユミのところで書いた不完全雌雄異株なんでしょうか。秋に実が生っているかどうか確認しなくては。

ツルウメモドキ(雄花)

ニシキギ科ツルウメモドキ属

(5月22日撮影)
NEXT Entry
ハマヒルガオ
NEW Topics
お知らせ
ノジスミレ
クサイチゴ
キュウリグサ
ヒメウズ
ツクシ
フキ
ヒメリュウキンカ
カタバミ
ミチタネツケバナ
オランダミミナグサ
オオイヌノフグリ
イヌノフグリ
巨大松ぼっくり
セリバオウレン(その2)
セリバオウレン(その1)
タイリンアオイ・ヒトリシズカ(未熟果実)
ヒメヒオウギ(果実・種子)
アカメガシワ(果実・種子)
ヤブタビラコ(果実)
Entry TAG
秋吉台  
Comment
こんにちは
果実は派手でよく目立ちますが、花はニシキギ科らしくて本当に地味ですね。
ウメともウメモドキとも全く縁が無いのに、もっとちゃんとした名前を付けてあげたいものです。
多摩NTの住人さんへ
花は地味でも実が派手だと検索しても実の方ばかり多く出てきますね。

ほんとウメともウメモドキとも関係ないのにね。
安易な名前を付けられてツルウメモドキも迷惑だろうけどこちらも混乱しそうです。
これはまだしもツル性だからいいけどツル性でもないのにツルと名付けられているのもあるしね。
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

01月 | 2024年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プルダウンリスト
QRコード
QR