2013. 06. 24  
もうタデの花が、と思ったけどハルタデもあったなとパチリ。ハルタデの花期は4-10月だがイヌタデも6-10月と殆ど重なっているから今まで敬遠していたな。

ハルタデ

葉には黒斑が入ることが多い。

ハルタデ

托葉鞘の縁には短毛が生える、あまり短く見えませんがイヌタデは長毛でもっと長いとか。どうやらハルタデで間違いないようです。近頃は新規の花が一つでも見つければ万歳なんですがこの日はこれで4種目、万々歳の日となりました。

ハルタデ

残念ながら開いている花はなかったけどこの仲間ならこれが普通だし。

ハルタデ

本来なら湿っぽい場所を好むそうだけどここは秋吉台でも高い場所、これも秋吉台の不思議。

ハルタデ

タデ科イヌタデ属

(6月16日撮影)
NEXT Entry
ハエドクソウ
NEW Topics
コタチツボスミレ
アリアケスミレ
ヤブニンジン
セイタカアワダチソウ(季節外れ)
カラスノエンドウ(白花)
シロバナマンテマ
シラユキゲシ(その2)
アケビ
サクラ(ソメイヨシノ)
ウメ
ヤブヘビイチゴ
ヤマネコノメソウ
ヒサカキ
オニシバリ(雌花)
キビシロタンポポ(レモン色)
ユリワサビ(その2)
ニオイタチツボスミレ
ヒトリシズカ
ナガバモミジイチゴ
ヤマウグイスカグラ
Entry TAG
秋吉台  
Comment
こんにちは
ハルタデを意識したことはありませんでした。
こんな花もあるんですね。
とても参考になりました。
新しい種が見つかると嬉しいですね。
多摩NTの住人さんへ
私もとくに意識することはなかったんですがさすがにこんな所にイヌタデはなかろうと撮ってみました。
昨日はイヌタデも撮ってみました。
葉の黒斑ははっきりしなかったし葉鞘の毛はずっと長くて違いはハッキリしていましたね。
田圃のあぜ道や林の中の山道だったけどハルタデと住みわけているのかな。

ほんと一つでも新規の花が見つかると嬉しいですよね。
あるべき所にあるべき花があれば楽ですがワクワク感がありません。
ハルタデさん
ハルタデゲットおめでとうございます。
ね、平家蟹さん。同じ属だと交雑することが多いのに
イヌタデの仲間って雑種なんて聞かないよね。
混ざって咲いてることも多いのに、不思議~ ^m^

ただいま悩んでるタデの仲間は
サナエタデとオオイヌタデ、どこから区別したらいいのかな?
pandaさんへ
これはハルタデだと直感、と言うよりハルタデだったらいいなと思って撮ってみました(^^ゞ
タデ科が生えるような場所でもなかったしね。
後日イヌタデも確認、記憶が新しい内だと区別しやすいわw

タデ科はそれでなくても難しいのに交雑なんてしていたらわけわかめだろうな(^^;)
交雑した結果が種類の多さ識別の難しさになったかもね。
サナエタデはまだ見たことありません。
サクラタデも一カ所でしか見てないしサクラタデかどうかいまいちはっきりしない。
ハッキリさせたいけどしょっちゅう行ける場所じゃないしな。
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

03月 | 2024年04月 | 05月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR