2013. 09. 12  
沢山咲いていたタヌキマメ、草むらの中からニョキニョキ


タヌキマメ

棒の先に簑を引っかけてお面を被せているようです

タヌキマメ

実を幾つもぶら下げた様子が一番タヌキマメらしい姿

タヌキマメ

青紫の神秘的な色合い、萼片が凄く毛深く実も毛深い萼に包まれます。萼片は上下に二深裂し上萼片は二裂(猫の耳のように見えてます)下萼片は三裂中央が大きく左右のは細い。

タヌキマメ

細長く突き出ているのが雌しべでしょうか、その根元に黄色い葯を持った雄しべ。

タヌキマメ

花の下にはっきりした筋を持ったのが竜骨弁のようで先端は細く丸まって翼弁の間から突き出ています。

タヌキマメ

普通頂部に一度に一つの花をつけますが二つの時もあります。

タヌキマメ

マメ科の片鱗も見せない細長い葉、背後の大きな葉が同じマメ科のクズ、左下にやはりマメ科のノアズキが見えているが全然違う。

タヌキマメ

マメ科タヌキマメ属

同じ場所にヒメノハギも生えていました。希少な花同士が同じ場所で見られてこりゃいいわと思ったけど片や午前組片や午後組で一度には見られないな。

ヒメノハギ

でもヒメノハギはあまり時間厳守と言うことはなく午後でも咲いている花もあります。

ヒメノハギ

青い花もありました。萎むと青くなりますがその前に既に青くなっているのかな。

ヒメノハギ

マメ科ヌスビトハギ属

(9月6日撮影)
NEXT Entry
スケバハゴロモ
NEW Topics
お知らせ
ノジスミレ
クサイチゴ
キュウリグサ
ヒメウズ
ツクシ
フキ
ヒメリュウキンカ
カタバミ
ミチタネツケバナ
オランダミミナグサ
オオイヌノフグリ
イヌノフグリ
巨大松ぼっくり
セリバオウレン(その2)
セリバオウレン(その1)
タイリンアオイ・ヒトリシズカ(未熟果実)
ヒメヒオウギ(果実・種子)
アカメガシワ(果実・種子)
ヤブタビラコ(果実)
Entry TAG
秋吉台  
Comment
こんにちは
タヌキマメは草むらではこういう状態で生えているんですね。
当方では、公園の庭にあるので、「飼いダヌキ」です。
先週、見ようと思っていたのですが、午後に出かけられずに見逃しました。私としては午前中に咲いて欲しいんですけどね。
多摩NTの住人さんへ
公園の庭に植えられているんですか、これはやはり自然の状態で見てみたいですね。
(野草は大抵そうですが)
時間制限のある花はその時間に行かないと咲いていないからガッカリしますね。
あるのが分かっていれば時間にあわせて行くけど
時間帯を外すと蕾や花後だったりしてほんと悔しい。
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

01月 | 2024年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プルダウンリスト
QRコード
QR