2014. 08. 09  
秋吉台では初めてのモウセンゴケ、これ自体まだ2度目。湿地に生えるけどとても湿地とは思えないような場所、地下に水脈でもあるのでしょうか。

モウセンゴケ

長い茎を伸ばして花を咲かせる。ワラビのように巻いた巻散花序だそうで解けながら下の方から咲いていくそうだけどなんとも不安定な場所で撮りづらかった。

モウセンゴケ

1cm程の小さな花(もっと小さかったかな)、花弁萼片とも5枚、雌しべは3本だが基部で二裂しているので6本に見える。

モウセンゴケ

雄しべは5本、花弁の間から出ている。

モウセンゴケ

柱頭は棍棒状にやや膨らむ、雄しべの葯も小さくて雌しべと違いが分かりづらい。

モウセンゴケ

根生葉のように広がる葉、これで光合成もするんでしょうかね。

モウセンゴケ

粘球を持った葉、花をずいぶん高く咲かせるのは餌としての昆虫と花粉を媒介して貰うための昆虫とを分離させる為でしょうか。せっかく花粉を付けてもそれを捕まえては無駄になるもんな。

モウセンゴケ

モウセンゴケ科モウセンゴケ属

(7月30日撮影)
NEXT Entry
クルマバナ
NEW Topics
お知らせ
ゴマギ
マユミ
フユザンショウ
キエビネ
ツレサギソウ
キショウブ
フナバラソウ
ジャケツイバラ
コウゾリナ(ハチ&棘)
ハシナガヤマサギソウ
シラン
タカサゴソウ(その2)
コウゾ
ツルウメモドキ(雌株)
イワガラミ
ミズタビラコ
アリアケスミレ
ヤマハタザオ
サイハイラン
Entry TAG
秋吉台  
Comment
モウセンゴケ
モウセンゴケは湿地でや水が染み出すような岩に見かけるけど
山頂の草原で見たことがあります。そこにはウメバチソウも出ていたので
たぶん水分の多いところなんだと思うけれど、おもしろいよね。
pandaさんへ
湿地を好む植物でもちっとも湿地でない場所に生えたりしますが
モウセンゴケは水がジュクジュクするような湿地らしい場所に生えると思っていました。
ここはちっとも湿地らしくない場所でした。
見た目は周りと変わりませんがモウセンゴケが生えているのは上下方向に細長く分布
地下に水脈があるのかもしれません。
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

04月 | 2024年05月 | 06月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プルダウンリスト
QRコード
QR