2015. 05. 10  
去年は花の終わりの頃来たので今年は早めにやってきました。とは言えここは急傾斜の林道一番奥辺りしかも他の花があまり期待できなくて少々きつい。

ウリハダカエデ

雌雄異株稀に同株、これは雌株。ちなみにカエデ科は新しいAPG分類ではそっくりムクロジ科に移動。

ウリハダカエデ

ここで見る限り雌花序はあまり垂れ下がらないようです。

ウリハダカエデ

ただ花の終わりの頃には垂れ下がる。

ウリハダカエデ

雌花、花柱は2本で先端がクルッと丸まっている、花弁は5枚。既に翼が伸びていてこの頃は毛が生えているようです。

ウリハダカエデ

翼の付け根にある種子はまだ膨らんでないかな。

ウリハダカエデ

こちらは雄花序、真っ直ぐ垂れ下がっている。カエデ属らしい葉、縁には重鋸歯がある。

ウリハダカエデ

雄しべは8本、花弁と萼片がともに緑色で区別しがたい。

ウリハダカエデ

問題はこれ、雄花序が垂れ下がっているのでお株のように見えますが

ウリハダカエデ

去年の翼果が未だ残っているので雌雄同株のようです。

ウリハダカエデ

でも探してみても雄花序ばかりで雌花序は見当たらないんですよね。

ウリハダカエデ

樹皮が緑色なので他のカエデ属と区別しやすい。大きくなると縦に裂け目が入りますが緑色は残っています。

ウリハダカエデ

ムクロジ科カエデ属

(5月1日撮影)
NEXT Entry
ゴヨウアケビ
NEW Topics
キブサズイセン
ノジスミレ
クサイチゴ
キュウリグサ
ヒメウズ
ツクシ
フキ
ヒメリュウキンカ
カタバミ
ミチタネツケバナ
オランダミミナグサ
オオイヌノフグリ
イヌノフグリ
巨大松ぼっくり
セリバオウレン(その2)
セリバオウレン(その1)
タイリンアオイ・ヒトリシズカ(未熟果実)
ヒメヒオウギ(果実・種子)
お知らせ
アカメガシワ(果実・種子)
Entry TAG
秋吉台  
Comment
こんにちは
ウリハダカエデが見られるんですね。植物観察を始めた頃、当地にウリハダカエデがありその緑色の樹肌を撮りました。そしてそれから花を観察しようと思っていたところ、いつの間にか、その樹が無くなってしまって、今では幻の樹です。またどこかで見たいものです。
多摩NTの住人さんへ
高木から幼木まで何故かこの辺りに集中して生えてます。
もう少しあちこちにあれば見に行くのにも楽なのにね。
カエデも区別が難しいですがこれは木肌で識別できる数少ない例ですよね。
そちらでは幻の樹木になりましたか、樹木の場合一度見つければなかなかなくなることはないのですが切り倒されたんでしょうか。
また見つかるといいですね。
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

02月 | 2024年03月 | 04月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR